2018年3月公開スピルバーグ監督最新作「The Post」

どうも!アラハタです!

スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作「The Post」が2018年3月に日本公開が決定しました!

1971年泥沼化するベトナム戦争を背景にアメリカ国防総省が隠す文書”ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をスクープした実在のジャーナリストたちの姿が描かれた作品です。

ワシントンポストの発行人キャサリン・グラハム
彼女の部下である編集主幹ベン・ブラッドリー

そして今作は、メリル・ストリープとトム・ハンクスの初共演が話題になっています。

「The Post」の邦題は
「ペンタゴン・ペーパーズ / 最高機密文書」
またどうしてその邦題になったんだ…というような邦題ですね…(笑)

今作は、「スポットライト 世紀のスクープ」で第88回アカデミー賞脚本賞を獲得したジョジョ・シンガーが脚本を手がけました。

アメリカでは2017年12月22日に公開予定です。

スティーヴン・スピルバーグ監督

「スティーヴン・スピルバーグ監督」の画像検索結果

言わずも知れた巨匠「スティーヴン・スピルバーグ監督」

1946年12月18日産まれ、出身はアメリカ合衆国オハイオ州

代表作は数知れませんが、その一部を…

代表作

・ジョーズ
・E.T.
・ジュラシック・パーク
・インディ・ジョーンズシリーズ
・プライベート・ライアン
・シンドラーのリスト
・マイノリティ・リポート
・ターミナル
・宇宙戦争
・リンカーン
・etc…etc…

多くの作品にかかわっていますのでキリがないです。
そしてどの作品も1度は耳に、目にしたことのある名作ばかり

子供心を忘れないような作品を数多く世に生み出しています。

そして嬉しいことに親日家であるのも有名です。
食べ物も寿司や、ウナギの蒲焼きが好物だといわれています。
スティーブン・スピルバーグ監督と親交のある手塚治虫は、自身とスティーヴン・スピルバーグ監督は黒澤明監督から影響を受けていると述べています。

余談ですが、彼は自信の監督作品にエキストラとして数秒出演することがあります。今作でも探してみるのも面白いかもしれません。スティーヴン・スピルバーグ監督の遊び心ですね!

トム・ハンクス

「トムハンクス」の画像検索結果

トーマス・ジェフリー・”トム”・ハンクス
Thomas Jeffrey “Tom” Hanks

1956年7月9日産まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身

俳優ですが、監督や、映画、テレビプロデューサーも務め、マルチに活躍しています。

代表作

・フィラデルフィア
・フォレスト・ガンプ / 一期一会
・アポロ13
・グリーンマイル
・ターミナル
・ダ・ヴィンチ・コード
・ザ・サークル
・etc…etc…

トム・ハンクスの代表作も挙げればきりがありません。
つい先日公開されました「ザ・サークル」もトム・ハンクス出演しています。

「ザ・サークル」の記事はこちら

いいね!のために生きている!?エマ・ワトソン×トム・ハンクス「ザ・サークル」

メリル・ストリープ

関連画像

メアリー・ルイーズ・ストリープ
Mary Louise Streep

1949年6月22日産まれ、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身

代表作

・クライ・イン・ザ・ダーク
・プラダを着た悪魔
・イントゥ・ザ・ウッズ
・マダム・フローレンズ!夢見るふたり
・etc…etc…

彼女も多くの賞を受賞する女優です。
スティーヴン・スピルバーグ監督やトム・ハンクスと比べると認知度は少し低いかもしれませんが、名女優と言って良い女優でしょう。

過去にもアカデミー賞を3度、英国アカデミー賞を2度、エミー賞を2度、ゴールデングローブ賞を8度、全米映画俳優組合賞を2度と受賞しています。

輝かしい受賞経歴を持つ彼女とトム・ハンクスは冒頭でも言いましたが今作で初共演。そのあたりも必見です。


「The Post」
邦題:「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

豪華キャストで贈る「The Post」

期待は募るばかりです。

「ペンタゴン・ペーパーズ暴露事件」

これは実際起こった事件を描いています。
ここでのご紹介はしませんが、「ペンタゴン・ペーパーズ暴露事件」で調べるとその事件の概要が明らかになります。

スティーヴン・スピルバーグ監督がこの事件をどのように描くのか、

そして、キャサリン・グラハムを演じるメリル・ストリープ、ベン・ブラッドリーを演じるトム・ハンクスがどのような演技を見せてくれるのか。

2018年3月公開を楽しみに待つことにします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください