THE YELLOW MONKEYデビュー25周年新たなる挑戦

どうも!アラハタです!

デビュー25周年を迎えるロックバンド「THE YELLOW MONKEY」

2017年12月9日(土)と2017年12月10日(日)に17年ぶりの東京ドーム公演を行いました。
2日間で10万人の動員をし、衰え知らずの人気っぷりを垣間見ました。

THE YELLOW MONKEYとは…

1988年に結成した日本のロックバンド
2001年1月に活動を休止
2004年7月7日をもって解散
2016年に再結成し活動を再開しました。

メンバー

吉井和哉(よしいかずや)

「吉井和哉」の画像検索結果

Vo/Gt
1966年10月8日産まれ、東京都北区出身、静岡県育ち
THE YELLOW MONKEYのほとんどの曲の作詞作曲を行ってます。

解散後は「YOSHII LOVINSON」としてソロ活動を行っていました。

菊地英昭(きくちひであき)

「菊地英昭」の画像検索結果

Gt
1964年12月7日産まれ、東京都八王子市出身。
一部の楽曲の作曲を行っています。
現在はソロプロジェクト「brainchild’s」の他にも様々なサポートメンバーとして活動をしています。

廣瀬洋一(ひろせよういち)

「廣瀬洋一」の画像検索結果

Ba
1963年4月19日産まれ、東京都足立区出身
一部の楽曲の作曲を行っています。
2008年から「TYO」のベースとしても活動しています。

菊地英二(きくちえいじ)

「菊地英二」の画像検索結果

Dr
1967年6月6日産まれ、東京都八王子市出身
菊地英昭の実の弟。
2008年からアニー名義で「BIG BITES」のドラムとして活動しています。

バンド名の由来

バンド名「イエローモンキー」はもちろん東洋人に対する蔑称「黄色い猿」であることは言わずもがなです。
吉井自身のイニシャルである”Y”から始まる英語を使いたがっていたのもあり、この名前に。
洋楽へのコンプレックスも名前から感じられる。

イエローモンキーという名称を、ローリング・ストーンズが聞いた時、「すげぇ名前だな。絶対忘れなぇ」と語ったというエピソードもある。

「イエローモンキー」の画像検索結果



17年ぶりの東京ドーム公演

2017年12月9日(土)、2017年12月10日(日)の二日間で行われた、
17年ぶりとなる東京ドーム公演。二日間で10万人動員しました。

メインステージのタイマーがカウント0となり、
吉井の「ウェルカム」という合図でセンターステージに置かれた卵の中から
「THE YELLOW MONKEY」の登場。
観客は割れんばかりの声援で、
「THE YELLOW  MONKEY」は活動休止前最後の東京ドーム公演でラストにやった、「WELCOME TO MY DOGHOUSE」からスタートしました。

デビュー25周年、新旧織り交ぜたセットリストで約2時間半のステージは幕を閉じました。

「THE YELLOW MONKEY」は12月28日(木)「メカラ ウロコ」公演を九州SPECIALと銘打ち、福岡ヤフオク!ドームにて開催する。

THE YELLOW MONKEYより

「東京ドーム2DAYS、2日間ともおかげさまでSOLD OUTとなりまして、
本当に感謝しております。
昨日来てくれたみんなも本当にどうもありがとう。
昨年から始まったこの再集結のアニバーサリー、
たくさんの人たちに祝福してもらいました。
とても感無量、幸せという言葉しかない2年間だったのですが、
これからいつまでもそんな祝福モードで活動するわけにはいきません。
さらなるチャレンジをどんどんしていかなければいけない。
この東京ドームも再集結における大事なミッションでした。
今年まだヤフオクドームが福岡で残っていますが、
ヤフオクドームが終わったら、
気合いを入れなおして日本に今までいなかったバンドになっていこう
と思っています。皆さん、これからも改めてよろしくお願いします」

引用:excite music

セットリスト

1. WELCOME TO MY DOGHOUSE
2. パール
3. ロザーナ
4. 嘆くなり我が夜の Fantasy
5. I Love You Baby(9日) / TVのシンガー(10日)
6. サイキックNo.9
7. SPARK
8. 天国旅行
9. 真珠色の革命時代~Pearl Light Of Revolution~
10. Stars
11. SUCK OF LIFE
12. バラ色の日々
13. 太陽が燃えている
14. ROCK STAR
15. MY WINDING ROAD
16. LOVE LOVE SHOW
17. プライマル。
18. ALRIGHT
19. JAM
20. SO YOUNG
21. 砂の塔
22. BURN
23. 悲しきASIAN BOY

引用:excite music

最後に…

結成25周年の「THE YELLOW MONKEY」
途中活動休止、解散とありましたが、再結成。

そしてそこからまた止まることのない活動。
日本のロックバンドとして素晴らしい活躍をしています。

そして、17年待っていたファンにはたまらない東京ドーム公演だったのではないでしょうか。

今後も活躍に期待をしています。

活動休止後や解散後の再結成ってどうしてもバンドって変わる印象なんですが、

「THE YELLOW MONKEY」は貫いてますね。

そこがまたたまらなくかっこいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください