こじらせ恋愛映画「ういらぶ。」11月19日公開!

どうも!アラハタです!

2018年11月19日にこじらせた恋愛を描く「ういらぶ。」
が公開されます!

最近何かと話題のKing & Princeの平野紫耀と桜井日奈子主演の青春恋愛映画です。



ういらぶ。とは…

こじらせた幼馴染同士の初々しくもじれったい恋愛を描いた本作は、話題の若手を起用しています。
平野紫耀がシャツをはだけさせるシーンはKing&Princeファン必見です!

毒舌な超どS男子かと思いきや、すきを拗らせてついついそんなふりをしてしまう平野紫耀に胸キュン間違いなし!
男性も女性も若かりし頃の恋愛を思い出せます。
好きな子いじめちゃうタイプの人は共感もできるかもですね!

イントロダクション

「ういらぶ。」の画像検索結果

笑ってキュンキュン!最高に楽しい!
素直になれない幼なじみたちの、
究極”こじらせ”ラブ!

LINEマンガで話題沸騰、
少女部門で月刊1位を記録し累計150万部を突破した
大人気コミックが待望の映画化!

主人公・凛に、今年CDデビューし
今最も勢いがあるグループKing & Prince
のエースであり、
ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」
の神楽木晴役に抜擢されて大ブレイク中の平野紫耀。
ヒロインの優羽に桜井日奈子。
さらに玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、
伊藤健太郎とフレッシュさと実力を兼ね備えた
今をきらめく若手キャストが勢ぞろい。

『ストロベリーナイト』『累-かさね-』の
佐藤祐市監督のもと、
まばゆい魅力を全開させます!
ずっと近くにいすぎて、大好きすぎて、
どうしても「好き」の一言が言えない。
でももう、幼なじみのままじゃいられない!
思いっきり笑って泣けて、
最高にキュンキュンする“脱・幼なじみ”ラブ、
「ういらぶ。」(=初恋/WE LOVE)が、
この秋、みんなのハートを奪います!

引用:公式HP

最近の話題のキャストが多数出演するだけでも気になりますね!
今後を担うアイドルや役者たちがどのような演技をするのでしょうか!

あらすじ

「ういらぶ。」の画像検索結果

「もう幼なじみじのままじゃいられない!」
仲良しメンと最強ライバル兄妹。
どうなる!?6人の恋と友情。

同じマンションに住む幼なじみ4人組。
お互い“大好きすぎて「好き」って言えない”
こじらせまくりの凛と優羽、
そんなふたりを心配して見守る暦と蛍太。
最強幼なじみチーム4人の前に、
“好きなら好きとハッキリ言う”
ライバル兄妹・和真と実花が現れる。
ずっとこのまま変わらないと思っていた
2人の恋と4人の友情は、
思わぬ方向へ動きはじめて!?

引用:公式HP

ストーリーはよくありがちな恋愛物。
こういう映画はとにかくキャストと
絶妙な演技で名作にも駄作にもなりえます。

如何に感情移入できる演技ができるかによって
ストーリーがグッと面白くなるでしょう。

若手の演者達に期待が高まります!



コメント

原作者「星森ゆきも」

やばい…最高!!!
映画『ういらぶ。』を初めて観終わった後、
頭に浮かんだ言葉です。
はじめから、素晴らしいキャストの皆様や監督様、
脚本家様、スタッフ様の手にかかれば
素敵な映画が生まれるだろうと確信していましたが、
私の想像を遥かに超えていました!
ちゃんと「ういらぶ。」で、
でも漫画よりもっとリアルな空気感、
やっぱりこじれているけどキャラクターが
みんな愛おしくて……本当に。
幸せとニヤニヤとキュンキュンと
感動を詰め込んだ100分間でした!
とにかく、画面に映る全部のキャラクターが
生きていて、キラキラ輝いていました…。
幼なじみーずと佐伯兄妹が揃うシーンは特に圧巻です!
映画『ういらぶ。』自信を持ってお勧めします。
ぜひお友達みんなで!ご家族で!
ワイワイきゃーきゃー楽しんでいただけたら
私もとても嬉しいです♡最後に一言だけ…
エンディングロール、絶対観て下さい。
改めまして、こんな素敵な世界を作り出して
下さった映画関係者の全ての皆様に感謝を…
本当にありがとうございました!!

追記
作中、原作のいろんな所に散らばってる
小さいエピソードもたくさん盛り込んで下さって、
それがとても嬉しかったです!
原作好き!と言って下さる方も最高に楽しめると思います!!

引用:公式HP

ハイカラなテンションのコメントにびっくりしています(笑)
エンディングロールに何か仕込んであるみたいですね!
皆さん上映後はしっかりエンディングロールまでチェックして下さい!

監督「佐藤祐市」

恋愛が話の中心にある映画を
撮ってみたかったのでお引き受けしたのですが、
若い俳優たちに引っ張られて、
演出を考えることが楽しくなっていきました。
平野くんは話すと天然ですが
座長としての責任感が強く、
どんどんスタッフや共演者に馴染んでいった。
やればやるほど味がでるので、
とてもやりがいがありました。
桜井さんはすごく真面目で芯が強い。
優羽というキャラクターにぴったりで、
撮るアングルで表情が変わるので
何度も驚かされました。
壁ドンや頭ナデナデなど定番のキュンとする設定や、
出演者がカッコいい、
可愛いというのももちろん必要な要素ですが、
キャラクターの感情やストーリーが
しっかりとあるからこそキュンとくるものに
なっていると思います。
胸キュンあり、笑いあり、可愛らしさのある、
とても気軽に楽しんでいただける映画だと
思いますので、多くの方にご覧いただきたいです。

引用:公式HP

佐藤監督は「シムソンズ」や「守護天使」「ブラック会社に勤めているんだが、俺はもう限界かもしれない」等を手掛けた監督です。

監督と演者のどんな化学反応が怒るのか楽しみです!



最後に…

映画「ういらぶ。」は2018年11月19日公開です!
平成の秋最後の恋愛映画はこの作品になりそうですね!

映画館で青春を取り戻したい大人も、青春真っただ中の学生も
是非、観てみるのはいかがでしょうか。

原作「ういらぶ。」を今のうちに読んでおくのも面白いかもしれません!

映画「覆面系ノイズ」ゾクッとする冒頭2:40公開!

どうも!アラハタです!

現在(2017/11/29)絶賛公開中の映画「覆面系ノイズ」の”冒頭2:40”の映像が公開されています。

まずは映像をご覧ください!

劇中から飛び出した覆面バンド「in NO hurry to shout;」(通称:イノハリ)
MVのような”2:40”です。

この”2:40”がとてもクールでぞくぞくします。

「静かに激しく始まるスタートにわくわくを煽られた!」
「オープニングからもうゾワッてきた」

引用:M-ON!MUSIC

そんな声も上がっています。

覆面系ノイズとは…

「覆面系ノイズ 映画」の画像検索結果

原作は福山リョウコによる漫画作品
2013年10号から「花とゆめ」で連載を開始し、「花とゆめコミックス」で単行本を出している。2017年11月現在で14巻発売しています。

2016年4月にはテレビアニメ化が発表され、
2017年4月から6月まで放送されました。

そして2016年10月に実写映画化が発表
2017年11月25日に映画公開ととんとん拍子に進んできました。

監督:三木康一郎
主演:中条あやみ

劇中に登場するバンド「in NO hurry to shout;」として
演者の中条あやみ、志尊敦、磯村勇斗、杉野遥亮が
劇中曲「Close to me」でCDデビュー。

三木康一郎とは…

「三木康一郎」の画像検索結果

日本の映画監督、
テレビドラマ、バラエティ番組の演出家です。

代表作

  • のぞきめ
  • 植物図鑑 運命の恋、ひろいました
  • 覆面系ノイズ
  • etc…etc…

バラエティ番組やテレビドラマの演出家として活動していながら、
映画監督としても活躍しています。

バラエティ番組の演出家ということもあり、
ユーモアも多く、含んだ作品を仕上げることもありますが、
ホラー映画も作り上げています。

バラエティ番組は

  • V6の素
  • マッハブイロク
  • ビューティーコロシアム
  • 禁じられた遊び
  • SMAP×SMAP特別編 道徳×SMAP
  • etc…etc..

数多くのバラエティ番組の演出をしています。

三木康一郎について、つい先日も同じことを書きましたね(笑)
というのも三木康一郎は現在映画「リベンジgirl」の監督もやっています。
アラハタも「リベンジgirl」の記事を書いたのでその時にも三木康一郎について書きました(笑)

三木康一郎最新作「リベンジgirl」はこちら
桐谷美玲主演「リベンジgirl」2017年12月23日全国ロードショー!

これ何がすごいって、
覆面系ノイズが2017年11月25日公開で、
リベンジgirlは2017年12月23日なんですよ。

監督重複期間ありますよね絶対。

中条あやみとは…

「中条あやみ」の画像検索結果

1997年2月4日産まれ、大阪府出身のファッションモデルです。
現在は「CanCan」の専属モデル
元「Seventeen」の専属モデル
TENCARAに所属しています。

代表作

  • 劇場版 零~ゼロ~
  • ライチ☆光クラブ
  • セトウツミ
  • etc…etc…

まだまだ女優として名を馳せているわけではありませんがしっかりと主演やヒロインとして活躍しています。

今回の「覆面系ノイズ」という大人気作品の主演を先駆けに人気に火が付く可能性は大いにあると思います。

in NO hurry to shoutとは…

通称:イノハリ
劇中に出てくるバンドが映画を飛び出し
「覆面系ノイズ」主題歌をもってメジャーデビュー



この曲はMAN WITH A MISSIONの書き下ろし曲です。
11月15日にメジャーデビューシングルが発売されいています

中条あすみコメント

メジャーデビューすると聞いた時は自分自身が歌を出す日が来ると
思っていなかったので、とても驚き、不安な気持ちになったりもしましたが
ボイストレーニングでしっかりとレッスンして頂いたので
歌う事が好きになりイノハリとして出ることで
日に日に楽しみになって行きました。
「Close to me」は劇中の最後のライブシーンで
演奏している曲という事やMAN WITH A MISSIONさんが
この映画の為に書き下ろして頂いたバラード調のメロディーも歌詞も
ニノのように儚さのなかに強さがある曲なので
歌っていると自然とその世界に入れる魔法のような曲だと思いました。
作品は全てゼロのところから作り上げるものですが、劇中の曲も
いろんな方々の想い、愛、パワーで出来ていて
それを自分の声で歌うことは大きな責任があるのですごく緊張しましたが
沢山の方々に支えてもらいながら
最高の状態でレコーディングが出来ました。
メンバーそれぞれ、レコーディングや楽器の練習をしていたのですが、
改めてイノハリの皆でアーティストとして
MV撮影をするのは恥ずかしさもありましたが、セットを目の前にして、
カッコいい世界観の中で試行錯誤しながら撮影させて頂きました。
是非ともたくさんの方に見て聴いて頂きたいです!

引用:BARKS

最後に…

劇中からバンドが飛び出したり、”冒頭2:40″の映像を公開したりと、
なにかと話題になっている「覆面系ノイズ」

三木康一郎氏の作品ということや冒頭映像のゾクッと感で期待が膨らみます。

現在絶賛公開中ですので、ぜひ劇場に見に行ってみてください。

原作と比較するのも面白い楽しみ方ですね。

そして劇中バンド「in NO hurry to shout;」は今後どのような活躍をするのでしょうか!
そちらも楽しみにしたいと思います。

関連記事はこちら
桐谷美玲主演「リベンジgirl」2017年12月23日全国ロードショー!