「スマホを落としただけなのに」北川景子×田中圭

どうも!アラハタです!

北川景子主演映画、「スマホを落としただけなのに」
11月2日公開予定の本作の情報が出始めました!

北川景子と田中圭が至近距離で見つめあう、美男美女の意味深なシーンなども公開されています!

「スマホを落としただけなのに 田中圭」の画像検索結果



スマホを落としただけなのにとは…

志駕晃の同名小説が元となった本作。
漫画も出ています!

北川景子の恋人役田中圭(役名:富田)がスマートフォンを紛失したことで、不可解な出来事が起こるさまを描くSNSミステリーです。
SNSミステリーというジャンルは新感覚ですが、増えてますよね。それほどSNSが我々にとって当然のものになったからでしょう。

イントロダクション

あなたの全てを知っている存在。
それは家族でも恋人でもなく……”スマホ”です。

無名の新人・志駕晃によるデビュー作
『スマホを落としただけなのに』(宝島社文庫)は、
SNS時代を代表する一作として
映画化のオファーが各社から殺到。
読者からは「怖すぎる!」
「もうスマホは落とさない……」などの声が上がり、
日本の総人口を超えるスマホが存在する現代において
その身近すぎるテーマが早くも話題となっています。
あなたの個人情報は守られていますか?
SNSで繋がっている友人は
果たして本当の友達ですか? 
全てのスマホユーザー必見、
触れてはいけないSNSミステリーここに誕生。

引用:公式HP

スマホを媒介としたミステリー。
日常に近い作品は怖いですよね。

ミステリーとはまた違いますが、「着信アリ」も昔ブームを巻き起こしましたね。

アラハタはこのイントロダクション冒頭2行を読んですぐにRADWINPSの携帯電話が頭によぎりました。(笑)



あらすじ

彼氏の富田(田中圭)に電話をかけた
麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる
聞き覚えのない男の声に言葉を失った。
たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、
富田のスマホが無事に戻ってきて
安堵した麻美だったが、
その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。
身に覚えのないクレジットカードの請求や、
SNSで繋がっているだけの男からの
ネットストーキング。
落としたスマホから個人情報が流出したのか?
ネットセキュリティ会社に勤める浦野(成田凌)に、
スマホの安全対策を設定してもらい
安心していた麻美だったが、その晩、
何者かにアカウントを乗っ取られ、
誰にも見られたくなかった写真が
SNSにアップされてしまう。

「違う!それ私じゃない!
 私、何もやってない!」

時を同じくして、人里離れた山の中で
次々と若い女性の遺体が見つかり、
事件を担当する刑事・加賀谷(千葉雄大)は、
犯人が長い黒髪の女性ばかりを
狙っていたことに気が付く。
スマホを拾ったのは誰だったのか。
連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。
そして明らかになる“奪われた麻美の秘密”とは?

ただ、スマホを落としただけなのに……。

引用:公式HP

SNSの怖さを思い知りますね。

少し前に「ザ・サークル」というエマ・ワトソン主演のSNSをピックアップした映画がありました。
これもSNSの脅威についての作品。
少し似ている部分があるかもしれないですね。

関連:いいね!のために生きている!?エマ・ワトソン×トム・ハンクス「ザ・サークル」

主題歌

主題歌を担当するのは、
SNS世代のカリスマ。”ポルカドットスティングレイ”
「ミヒツ」という本作にピッタリな攻撃的なロック・チューンになります。

コメント

北川景子

秘密を抱えながら葛藤して生きる
主人公・麻美の心と、映画のスリリングな世界観と
マッチした素敵な楽曲でした。
アレンジが凝っていて、
同じギターリフを繰り返されるところ、
サビの部分を全体に裏声でいくところが
今っぽくて好きです。
スピード感がありスリルを煽るメロディで、
歌詞も映画をかなり意識して
作ってくださったのかなと思いました。
とても嬉しいです。ありがとうございます。

引用:公式ブログ

プロデューサー:平野隆さん

『スマホを落としただけなのに』は、
SNSミステリーという
全く新しいジャンルの作品です。
この作品の主題歌に相応しい、
新しい音楽が無いかと探していた時、
ポルカドットスティングレイのMVを目にしました。
革新的で攻撃的な歌詞とサウンド、
ボーカル・雫さんの凛としつつ、
ミステリアスな雰囲気に一気に引き込まれました。
そして、主題歌をお願いするのは、
このバンドしかいないと確信しました。
今回出来上がった楽曲は、
SNSの逃げ場の無い砂漠に迷い込み
追い詰められて行く主人公の心情を、
ビビッドに表現しています。
映画の大ヒットの起爆剤となってくれる、
そう信じています。

引用:公式ブログ

ポルカドットスティングレイ 雫(Vo./Gt.)

主題歌を担当させていただけて大変光栄です。
この楽曲は、
主人公の麻美が 顔も名前も知らない殺人鬼に
じわじわ追い詰められていく
様子を描いたものです。
麻美を追い詰める得体の知れない恐怖や焦りを、
歌詞でもメロディでもサウンドでも
余すことなく表現できたのではないかなと思います。
映画を見てから聴くと「あれのことか!」
と気付く細かい表現もいくつも入っていますので、
ぜひ映画館で、映画のエンドロールにて
聴いてみてくださいね。

引用:公式ブログ



最後に…

アラハタが大好きな北川景子主演の映画。
非常に楽しみです。

SNSミステリーと身近なものと非日常をミックスした作品ですが、この恐怖はきっと誰にでも起こりうることなのかもしれません。

SNSが中心となっている人間関係。
そんなものに対して異を唱えたい。そんな作品のように感じます。

11月2日公開予定「スマホを落としただけなのに」
要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください