狂気的!北原里英主演「サニー/32」が2018年2月9日公開!

どうも!アラハタです!

新潟を拠点とし、活躍しているアイドルグループ「NGT48」のキャプテンであり、
2018年春にグループから卒業することを発表している北原里英が主演を務める狂気的映画「サニー/32」の予告編が公開されました。

サニー/32とは…

「サニー32」の画像検索結果

「凶悪」を手掛けた監督、白石和彌。同じく脚本、高橋泉が再タッグを組み、
「凶悪」に出演したピエール瀧リリー・フランキーを再起用した本作。

主演には「NGT48」で活躍している北原里英を抜擢。

「史上最もかわいい殺人鬼」とネット上で神格化された殺人犯の少女「サニー」を信奉する男たちに誘拐・監禁された女性教師、藤井赤理。

壮絶な運命を描くサスペンス映画になっています。

それではさっそく、予告編はこちら。

予告編では、夜道で誘拐され、見知らぬ小屋に監禁された北原里英。
犯人であるピエール瀧とリリー・フランキーにより「サニー」と呼ばれる。
サニーと縁のある人が次々と絡み合っていく中、雪の中一人逃げる北原里英が映っている。

ちなみに北原里英は2階の窓から飛び降り、雪の中を走る演技をスタントを使わずに行ったらしい。本人も「死ぬかと思った」と発言している。

北原里英とは…

「北原里英」の画像検索結果

1991年6月24日産まれ、愛知県一宮市出身のアイドル

新潟で活動している「NGT48」のキャプテンを務めています。

2015年8月26日まではAKB48メンバーで一時期はAKB48とSKE48を兼任していました。

代表作…

  • グラッフリーター刀牙
  • ジョーカ―ゲーム
  • 9つの窓
  • 任侠野郎

女優としてはこれからといったような感じです。

2018年春にNGT48を卒業することが決まっているので、今後どのようになるのかは楽しみです。
「サニー/32」をきっかけに躍進していただきたいです。

コメント

ようやく情報解禁がきた...!
待ちに待った瞬間を迎えて、震えるほど嬉しい気持ちです。
この映画が決まったとき、そして撮影しているとき、
ずっと早く言いたくてウズウズしていました。
だけどどこかで、自分だけのものにしておきたいくらい
大事な宝物のような気持ちもあり、不思議な感覚です。
先日、グループから来春卒業することを発表させて頂きましたが、
この映画をもって、新たな人生を歩み始められることを
とても幸せに思います。

脚本を読んで、最初から引き込まれました。
本を読むだけでこれはとんでもないものになりそう...
という予感と、自分にこれができるのだろうか?
という心配とで、ワクワクドキドキしました。

白石監督の作品はどれも、心にトラウマが残るシーンがあるので、
どれだけ残虐な人間がどんな心境で撮影してるんだろう...
と思っていたのですが(笑)、
実際の白石監督はいつだって演者のことを考えてくださり、
現場のことを思ってくださり、
自分が1番に動いてくださる凄く信頼できる方でした。
演じるにあたって自分にできるのか不安ばかりだったのですが、
白石監督がいつも安心させてくれました。

瀧さんとリリーさんはわたしの大好きな『凶悪』コンビだったので
初めてお二人の2ショットを見たときは、
こっそりテンションが上がりました!
映画などでは怖い印象の強いお二人ですが、
実際はとても面白くてお茶目で可愛くて、
瀧さんは少年のようで、リリーさんは包容力溢れる大人で、
タイプの違うお二人なのですが2人がとても仲良しで癒されました。
辛い撮影期間でしたがお二人といると甘えることができて、
たくさん助けてもらいました。
門脇麦さんも、ずっと一方的に画面を通して観ていた方だし、
とても尊敬している方だったので、
お会いするまで緊張していたのですが、
空き時間には現場のブームだったしりとりを一緒にしてくれて
ほっこりした時間を過ごせました!
共演者みんな仲が良くて、現場は過酷ながらとても楽しかったです。

すごい作品に参加させていただきました。
わたし自身が 1 番楽しみにしているといっても過言ではありません
アイドルであるわたしが主演なので、
それだけで避けてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが
この映画の撮影は、そのことを忘れるほど集中して臨めました。
この作品で新しい一歩を踏み出します!
本当にたくさんの方に観て欲しいです。
ぜひ白石監督の世界を楽しんでください!

引用:rockin'on.com

白石和彌とは…

1974年12月17日産まれ、北海道旭川市出身の映画監督です。

2010年9月18日公開の「ロストパラダイス・イン・トーキョー」で本格的に映画監督として活動し始めました。



代表作

  • ロストパラダイス・イン・トーキョー
  • 凶悪
  • 日本で一番悪い奴ら
  • 牝猫たち

「凶悪」で一気に名前を知らしめた印象です。

今作「サニー/32」も凶悪と同じ監督と脚本なので期待値も高く持っていいのではないかと思っています。

コメント

北原里英の秘めた破壊力がこの作品で解き放たれます。
この作品は脚本の高橋泉氏と、
いずれは取り掛からなければならない物語だと
酒を飲む度に話し合ってきた念願の企画です。
瀧さんとリリーさんのプロレス的タッグマッチに
セメントをしかける北原里英と門脇麦という構図です。
みんな狂っていて、悲しく恐ろしい。
閉鎖的な社会に生きる少年少女たちの行き場のない魂の慟哭。
北原里英、飛べ! 飛んで救いに行け!
この作品は純然たるアイドル映画です。
そう簡単に卒業させません。

引用:rockin'on.com

最後に…

北原里英のコメントでもあるように「凶悪」チームの再来というだけでワクワクします。

北原里英の今後を決める作品にもなると思います。

色んな意味で目が離せないのではないでしょうか。

北原里英の体当たりの演技。狂気的な作品。必見です。

ちなみに、2018年2月9日公開は新潟・長岡での先行公開になります。

全国公開は2018年2月17日からです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください