スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」が胸熱!

どうも!アラハタです!

スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」が先日の復活祭の週末(3月30日~4月1日)に発表された全米ボックスオフィスランキングで興行収入首位デビューしました!

その興行収入額は
4,176万4,050ドル(約45億9,404万5,500円)

驚愕の数字をたたき出しています!

もちろん数字的な部分でも驚愕なんですが、
この作品。胸熱要素がすさまじく多いのです!

日本人にも間違いなく受けるであろう要素がたんまり入っているのです!

レディ・プレイヤー1とは…

関連画像

2018年にアメリカ合衆国で公開のSF映画です。
監督:スティーヴン・スピルバーグ
主演:タイ・シェリダンと、リヴィア・クック

本作はアーネスト・クライン(英語版)が2011年に発表した小説「ゲームウォーズ」を原作としています。

あらすじ

2045年。環境汚染や気候変動、
政治の機能不全が原因となって、
地球上の人口の大半がスラム街で暮らさざるを得ない状況に
陥っていた。
彼らは荒廃した世界から逃れるために、
オアシスと呼ばれる仮想現実の世界に没入していった。

オアシスに入り浸っていたウェイド・ワッツは
アノラック・ゲームで勝者となるべく日々奮闘していた。
アノラック・ゲームとは
オアシスの創始者であるジェームズ・ハリデーによって
組まれたゲームで、勝者にはオアシスの所有権と
2400億ドル相当のハリデーの遺産が授与されること
になっていた。
ゲームの参加者はハリデーがオアシス内に隠したと
されるイースターエッグを必死に探していた。
彼/彼女らの中には、オアシスの管理権を欲する
大企業の息の根がかかった人間もおり、
アノラック・ゲームは現実の世界をも巻き込んだ
死闘の様相を呈し始めた。

引用:Wikipedia

作中登場キャラ(物)

原作同様に他作品からのクロスオーバーでキャラや物が多数登場します。
80年代カルチャーから近年の作品まで非常に多く出ています。
衝撃のラインナップはこちら!

デロリアン

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」のタイムマシン。ナンバープレートは原作同様ウェイド独自に「パーシヴァル」の名前に改良されている。人工知能K.I.T.Tの搭載によりフロント部のDMCのエンブレム部がセンサーライトに改良されている。

K.I.T.T(キット)

「ナイトライダー」の「ナイト2000」に搭載されている人工知能。ウェイドのカスタムによってデロリアンに搭載されている。

金田のバイク

「AKIRA」に登場したバイク。

アイアン・ジャイアント

「アイアン・ジャイアント」に登場したロボット。原作では一瞬だけの登場だが、原作のウルトラマンの役割を担う。

1958年型プリムス・フューリー

「クリスティーン」に登場した赤い車。

バットモービル

「怪鳥人間バットマン」に登場したヒーローの車。

インターセプター

「マッドマックス」の主人公の車。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

セガグループのゲーム作品の登場するキャラクター。

デスストローク

同名のDCコミックスに登場するヴィラン。

ガンダルフ

「ロード・オブ・ザ・リング」の魔法使い。

GMCバン

「特攻野郎Aチーム」に登場するバン。

ハローキティ

「サンリオ」のマスコットキャラクター

ケロケロケロッピ

「サンリオ」のマスコットキャラクター

バッドばつ丸

「サンリオ」のマスコットキャラクター

ハーレイ・クイン

「バットマン」に登場するヴィラン。

キャットウーマン

「バットマン」に登場するヴィラン。

ララ・クロフト

「トゥームレイダー」の主人公。

江ノ島循子

「ダンガンロンパ」の登場人物。

チャッキー

「チャイルドプレイ」のヴィラン。

八神 太一

「デジモンアドベンチャー」の登場人物。

リュウ

「ストリートファイター」の主人公。

春麗

「ストリートファイター」のヒロイン。

フレディ・クルーガー

「エルム街の悪夢」のヴィラン。

ゼロツー

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の登場人物。

トレーサー

「オーバーウォッチ」の登場人物。

リューク(Ryuk)

「DEATH NOTE」に登場する死神。

ロトニー・フラッテリー

「グーニーズ」のヴィラン。

キングコング

同名の映画に登場する怪獣。

ティラノサウルス

「ジュラシック・パーク」シリーズに登場する恐竜。

RX-78-2 ガンダム

「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ。

3式機龍 メカゴジラ

「ゴジラ×メカゴジラ」に登場するサイボーグ怪獣。大幅な改良が加えられ、ずんぐりとした太めの体系となり、全身のライトが赤に点灯している。

オプティマスプライム

「トランスフォーマー」に登場する金属生命体。

バンブルビー

「トランスフォーマー」に登場する金属生命体。

マッハ号

「マッハGoGoGo」に登場する主役レーシングマシン。

ガイガン

ゴジラシリーズに登場するのサイボーグ怪獣。



どうでしょうかこのそうそうたるメンツ。
どれも超有名どころです。
ホントに近年の作品も多くあります。

何よりスピルバーグ監督の日本愛を強く感じます。

書きながら鳥肌ものですよこれは。

最後に…

日本での公開は2018年4月20日

まだあまり話題になってないのが不思議でしょうがないです。

こんなお金も手間もかかってる作品は久しぶりです。
それを”童心”を忘れない監督が撮るんです。

どうやったって面白い。

日本でも週間映画ランキングとか多分1位とるでしょうからよくチェックしてみてください!

ちなみにアラハタこの情報見てる時まだエイプリルフールなんじゃないかと思ったほどです。

よくよく考えたら2月とかから情報解禁してるのでエイプリルフールなわけないんですけどね!

2018年4月20日は劇場へ

One Reply to “スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」が胸熱!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください