スタジオ地図の名作映画おおかみこどもの雨と雪

どうも!アラハタです!

今回は、おおかみこどもの雨と雪という名作をご紹介します!

僕は、スタジオ地図の映画が大好きです。

時をかける少女
サマーウォーズ
おおかみこどもの雨と雪
バケモノの子

全部何度も何度も見返しています。

その中でもおおかみこどもの雨と雪という作品が大好きです。
家族と愛と成長の超名作だと思ってます。

おおかみこどもの雨と雪の内容の話はきっと腐るほど出てると思いますので、僕は別の角度から…

当時おおかみこどもの雨と雪が上映になった時。
スタジオ地図からは時をかける少女とサマーウォーズが出てました。

どちらも大ヒットをし、今だって愛され続ける名作です。

そんななかおおかみこどもの雨と雪のCMが流れるようになり上映が決まると注目はすごく集まりました。

僕もめちゃくちゃ注目しました。

過去2作。スタジオ地図から出てるのはスピード感のある作品。今回のおおかみこどもの雨と雪はどんな話なんだろうと。

ワクワクしました。

実際見に行って。めちゃくちゃ泣いた記憶があります。

今現在10回以上この作品を見てますが、必ず泣いています。
最後の雨の遠吠えのシーン。今思い出すだけでも身震いがします。

スピード感のある話ではなく、家族愛、成長、差別そんなテーマが見えました。

細田守監督の作品は素晴らしい。

人の強さやとか愛とか。

すごく見てて奮い立たせられるような映画が多いです!

見たことない方はぜひ見てください!

兎にも角にも最高な作品が勢ぞろいなので!

Amazon
おおかみこどもの雨と雪

時をかける少女

サマーウォーズ

バケモノの子

アメリカ発ファンクバンドLettuce(レタス)が最高

どうも!アラハタです!

今回はファンク・バンド Lettuceをご紹介します!

日本ではまだ知名度は高くはないかもしれませんが、2017年3月にはbilboard東京、bilboard大阪でライブもしています。

アメリカのファンクバンドでメンバーはこの7人!

ギター:エリック・クライズノー
ギター:アダム・スミルノフ
ドラム:アダム・ダイチ
ベース:エリック・クームス
サックス:ライアン・ゾディアス
キーボード:ニール・エヴァンス
トランペット:ラショーン・ロス

Lettuce @ Orange Peel 10-28-2016 (Livestream Recording)    -youtube-

最高のファンク・バンドです。

ギターのエリック・クライズノーはSoulive(ソウライヴ)というバンドもやっています。

soulive live -youtube-

どちらもジャジーなファンクバンドといった印象です。

僕が個人的にsouliveではなくLettuceというバンドを取り上げたのは、ドラムのアダム・ダイチの影響が大きいです。

アダム・ダイチのドラムが非常にいいんです。

かっちり叩くドラマーというよりはニュアンス。フィーリングを大事にするドラマーという印象を受けるのですが、

何より幅が広い。多彩でテクニカルなんですが、1打1打が気持ちがいい。

こういうことできるドラマー実は少ないなと感じます。

Lettuceはメンバー全員がリズムで遊んでいるように感じるんです。

バンドではリズム隊といわれるドラムとベースだけでなく、全員でリズムで遊ぶ。

リズムを刻むのではなくリズムで遊ぶ。それによっておこる大きなグルーブに観客もリズムで遊ぶというような大きな大きな空気を作っているバンドです。

2017年の3月に日本に来日して今現在日本公演の予定はありませんが、来日の際には必ず見に行きたいバンドです。

是非、聞いてみてください。

Lettuceというバンドの知名度が日本でももっともっと上がってみんなが知っているビックバンドになったらいいなぁと、心から思います。

AmazonでもCD各種売っております。

僕はRageというアルバムが好きです!


興味があったら聞いてみてください!

名作SFインターステラーの主観レビュー

どうも!アラハタです!

今回は2014年の名作映画「インターステラー」についてです。

クリストファー・ノーラン監督のSF映画です。

当時僕はそれはもう映画館に映画を見に行くことに非常にハマってまして。

最近ではプロジェクターのおかげで自宅での映画ライフが非常にはかどっていますが。当時はひたすら映画館に行ってました。

最近ショッピングモールに映画館が入ることが多くてそれが主力になっている気がしますが、アラハタ的にはレトロな映画館が好きです。

さて、話が脱線しましたが(いつも脱線してますね)インターステラーについて書き綴りたいと思います。

SF映画ってあんまり好きじゃないというか。全然見るんですけど見終わった後に最高かよ!ってなって高ぶることがあんまりないんですが、インターステラーは高ぶりました。

もう3年前の映画なのでネタバレも何もないとは思うのですが、「海の惑星」の部分が最高にぞっとしました。

時間軸が違うということで宇宙の壮大さを表現すると同時に恐怖や、少しのことが命取りになること。

インターステラーはSF映画なんですが設定とか理屈や理由がしっかりしてるんですよね。

理系的にしっかり計算してあるので、全部納得できてしまうし、辻褄の合わないことが少ないんです。(あえて少ないと言わせてください)

だから何度も見たくなるし何度だって面白いです。

映像壮大さも素晴らしいですね。

あとはですね。

多分見た方はみんなそうだと思いますが、TARSほしい。

TARSは人工知能の、有機的機械。

活字だけでは伝わらないと思います。非常に愛くるしいやつなんです。ロボットではなく有機的機械とノーラン監督はおっしゃってます。こだわりなんでしょうね。

TARSがホントに欲しい。ちなみにTARS人気でおもちゃとかすごい出てます。

僕も欲しい。このブログ書きながらインターステラー熱が再熱してまして。TARSのおもちゃ買おうかと本気で考えてます。

ちなみにインターステラーのDVD、Blu-rayはもちろんすでに出ています!

間違いなく超名作です。

是非ご覧あれ。

「はじめてのギャル」というアニメ

どうも!アラハタです!

今回紹介するのは「はじめてのギャル」 というアニメです。

最近やっていたアニメですね。 僕はAmazonで見てました。

Amazonで最新アニメが見れるの助かります。 どうしてもリアルタイムで見れないっていうのと、 先が気になってしまうと1週間待つのがすごい嫌なんですよね。

昔はアニメやドラマをみて、1週間後が待ち遠しくてワクワクして…ってなってたんですが、 最近は、1週間待つと先週の話を少し忘れてしまっていたりするのです…

なので全部終わったころにAmazonで一気見をするのが主流です。

話が脱線しましたが「はじめてのギャル」というアニメを見ました!

一気見して記憶が新鮮なうちに書き綴ろうかと思います!

総評的にはまぁまぁでした。

感極まったり…感動したり…みたいな名作だこれ! とはなってないんですが、ラブコメ(コメディ)強めで脳みそをあまり使わず見れたなぁと。

また見返したい!ここってこういうことだったのか! みたいのはあまりないですね…。

ただ片手間で見れるしすごくライトな作品だとは思います! そういう意味では面白かったです。

最近のアニメに多い気がするお色気シーン的なのも定番のようにありました。

最近はそこの需要が多いんですかね。 まぁ僕も好きなんですが。 妄想のくだりでお色気シーンが入ることが多いんですが、序盤はすごく多い印象です。

話が進むテンポが少し悪く感じてしまいました。 そこも楽しみの一つではあるので構わないのですが、多いなぁという印象は受けざるを得なかったです。

ギャルという題材は面白いのかと。 余りないんじゃないかなぁと思っています。

特にアニメを見る層の方からするとギャルってなかなか扱いづらいのかもしれないなんて思ったんですよね。(作中でもギャルに対しての偏見はすごい出てました。)

そういう意味でなかなかない作品だとは思いますので一度見てみてもいいかもしれないです!

Amazonプライムビデオで見れますしね!

アラハタ的にはAmazonで見れるなら片っ端から見よう派なので。

片っ端から見てると最後まで見れない(見るのをやめてしまう)作品もあるんですよね。

そういう点ではライトにノンストップで見れたのでお勧めします!

DVDとかBlu-ray出ても買ったりはしなさそうですが、一見の価値はあると思います!

よって 主観的総評:★★☆☆☆

ってところです!

皆さんも1度でいいので見てみてくださいね!

 

至高の名作ディスタービア

どうもアラハタです!

今回はディスタービアという映画を紹介したいと思います!

D・J・カルーソ監督 シャイア・ラブーフ主演の名作です!

まず前提として僕はシャイア・ラブーフが大好きなんです!

昔おとぼけスティーブンス一家というホームドラマを見てから彼が好きで…

何ともまぁ魅力的な引き込まれる演技をするんですよ!

そんな彼の主演作です!

あらすじを話すと、とある事件を起こし、警察から自宅謹慎を言い渡されたシャイア・ラブーフ演じるケイル少年。

結構ハードな自宅謹慎。 というのも足に装置を付けられて自宅から半径何メールと以上外に出れば警察が飛んでくるというもの。

夏休み中自宅謹慎のケイル少年は暇で暇でしょうがない… そんな彼がはまったのは… 近隣の家を覗き見るという極めてどうしようないことだった。

そんななか隣に引っ越してきた美女。

そう彼女こそがサラ・ローマー演じるアシュリー ケイル少年はのぞきにはまっている。

隣には美女。

見ますよね…わかります!

そんな生活をしていると、ケイル少年は見てしまうのです。

近隣に住む殺人鬼の姿を… ニュースで流れる殺人犯の車と同じ車が車庫に… 彼はもしかしたら… というような流れで始まるスリラー映画です!

といっても、怖い!やばい!うわー! とかではなくてですね。

人間模様が最高。

ケイル少年とアシュリーの恋愛のシーン 特にケイル少年の全てを告白するシーンのシャイア・ラブーフの演技と言ったらもう。

最高です。

そして触れなければいけないでしょう!

アーロン・ヨー演じる友人ロニー

デヴィッド・モース演じる殺人鬼ミスター・ターナー

余談ですがミスター・ターナーと聞くとパイレーツ・オブ・カリビアンを思い出します。

友人ロニーの名脇役感もなかなかのものです。 バカでドジだけど憎めない。 最高の悪友のようなポジション。

シャイア・ラブーフとアーロン・ヨーはキャラクター的にも相性がいい気がしますね 。

そしてミスター・ターナー。 殺人鬼です。

ただこのディスタービアという作品の殺人鬼は近隣にいる普通のおじさんなんですよね。

ですが、笑顔に狂気を感じる… この演技はすごいなぁと本気で思いました。

笑顔が狂気的なんですよ… 全てを語りたいところですが、僕は皆さんに見ていただきたいのです!

なのでここまで… 続きはぜひ見てくださいね!

ちなみにAmazonでブルーレイもでてるようですね!

prime会員ならプライムビデオでも観ることができます!


プロジェクターのある生活JmGO G1

どうもアラハタです!

今回ご紹介するのはJmGO G1というAndroid搭載のプロジェクターです!

映画好きな僕としてはホームシアターへの憧れはずっとありました。そんな僕が満を持して検討購入したのがJmGO G1になります! まずは基本情報を!



スペックは公式HP参照

まず、着目してほしいのは何といってもフォルムですよね。プロジェクターといえば四角いこういうのをイメージしてました。

というのも、僕らが馴染み深いのってこっちなんですよねw 学生の頃にいわゆる視聴覚室でみたような… そんなイメージを覆してくれるJmGO G1のフォルム…

すぐさま心をつかまれましたw さて、見た目で心を奪われたものの実際に機能はどうなんだと…

これも非常に大事になってくると思います。

特に、JmGOは中国のメーカーのようで… 中国のメーカーの家電も増えてはきてますがまだまだ不安… そう思ってたので性能を見てみましょう!

実際に気になるところは画面のサイズや明るさって使用するうえで致命的な問題ですよね。

あくまで主観的ですのでご参考までに… 僕の使用環境と照らし合わせてみます!!

公式のHPで投影距離と画面のサイズ表を見てみてください!

僕の使用環境だと投影距離が2m前後なので60インチ程度になるのかなと思っておりました。 60インチだと幅1328mm,高さ747 mmくらいです。

スクリーンを買ってそのサイズだと少し小さい気もするなぁなんて思っていました。 実際に使ってみると投影距離の誤差による差もあるんですが幅1500mm,高さ800mm位のサイズです。 なので概ねサイズ表記通りでした。

使用感としては…超十分です。 2m先に1500mm×800mmの映像が投影されると正直端から端までいっぺんに見ることができないくらいです。

アラハタの視野が狭いんじゃないか問題はおいといて、サイズに関しては十分すぎます。 もちろん視野を狭める調整は可能なので、僕は少しだけ狭めて見やすくしています。

まさかスクリーンで大画面で見るんだ!! と意気込んでいたのに狭めることになるとは…嬉しい誤算です。

次に明るさですね! これも大事なところです。 部屋を真っ暗にしないと見れないのか。 日中はどうしても太陽光が入ってしまうけどそれでも見れるの?

ちなみにJmGO G1の照度は1500lmです。 1500lmといわれてピンとくる方は全然問題ないのですが、正直1500lmのプロジェクターってどんなもんじゃいと。

僕はそうなりました。 最近では3000lmや2000lmのプロジェクターも普通にあります。 というかプロジェクター選びの基準として2000lmってあるくらいです。

正直1500lmは少ない… っていうのはあくまで数値の話であって僕がこれからするのは使用感の話です。

僕ばプロジェクターを使用している部屋は雨戸とかの遮光するものがありません。 頼りないブラインドカーテンだけあります。 それだけで遮光してます。

ですが1500lmでも意外と問題なく使えています。 というか明るすぎなくていいかもしれない…とすら思ってる始末。

ポジティブすぎるかもですが… そもそも僕がプロジェクターを使うときは主に映画を見るときなんですよね。まれにゲームでも使いますが…

もともと映画もゲームも割と暗闇で見る傾向がありました。

昔、伊達メガネの存在を知らず、でもメガネにあこがれて目を悪くしたくて真っ暗の部屋で延々ゲームをやっていたのはいい思い出です。

その頃の名残ってわけではありませんが、暗いところで映像を見ることを好みます。



話がすこし脱線しました。

使用感ですが、僕の環境下(プロジェクターを使うときは部屋を暗くする。日中はブラインドカーテン)では全く問題ないです。

ただ日中明るいところで見るのは少々困難ですね… あとは2000lmや3000lmの物に比べると黒とかの発色は悪くなるかもしれませんが、正直許容範囲です。

むしろレトロな映画館のような雰囲気を味わえて90年代の映画とかを見るときは最高に気分を高めてくれます。

使用環境によっては不向きもあると思うのでその点は検討してみてください! さて、まずは自分が購入時に気になっていたことをどどんと紹介させていただきました。

その他いざ買ってみて、使ってみて思った事を良くも悪くも書いていきます!

・Androidについて

Android搭載なのでwi-fiにつないでネット環境が楽しめます。 例えばJmGO G1単体でweb閲覧したりTwitterを見たりFacebookを見たり… 正直なところあまり使ってません。

というのは僕はこのプロジェクターにPCをHDMIでつないで使用しています。

なのであまりAndroidの機能を使っていないんです… 何という宝の持ち腐れ…というか一番の目玉部分なのでは?というところを…

ですがあくまで、あまり使っていないだけで使用はしています。

動画サイトを見るのは非常に便利です! わざわざPCを起動して…という手間を省いてYouTubeやニコニコ動画やらその他動画サイトは快適に見れています!

通信が遅い…なんてことも特になく満足に使えています。

ただ僕はAmazonヘビーユーザーで映画もよくプライムビデオで見ているのですが。

Amazonプライムビデオ非対応!!!

これはAndroidのバージョンの問題みたいですね。 更新は特にないので見れないままなのかなぁと。 PCから見るから特に不備はないのですが、なんだかとても悔しい…

これはほんとに悔しかった…。

Webで情報を探すとAmazon Fire TV Stickで見れば見れるのでそちらを使えばいいのですが、 結局HDMI接続なのでPCでやってるのと同じことですね。

まぁやりようはいくらでもあるということです。

最後にJmGO G1は僕はAmazonで購入しました! Amazonでの購入ページはこちらです!

 

その他質問もガンガン答えますのでコメントでお願いします!

ではでは、JmGO G1の紹介でした!

ちなみにJmGO G1Sという商品も出たみたいですね!

上位互換になるようなのでこちらも面白いですね!

公式HP JmGO G1S

追記…(2018/01/12)

現在公式HPでJmGO G1シリーズは亡くなったようです。

その上位版にあたるのか、JmGO E8というのが出ました!

その他にも様々なプロジェクターがバージョンアップして出ているみたいですのでぜひチェックしてみてください!