いよいよ公開!「パシフィック・リム:アップライジング」本編映像先出し!

どうも!アラハタです!

ついに4月13日に「パシフィック・リム:アップライジング」が公開されます!

パシフィック・リム:アップライジング最新情報

これまでも予告動画やインタビュー動画など出てましたが、今回は本編映像が公開されました!

本編映像はこちら!

公開された映像では、東京を舞台にKAIJUとイェーガーの白熱した闘いが始まっています!
主人公ジェイクとエース級の腕前の相棒ネイサンの2人が搭乗するイェーガー”ジプシー・アベンジャー”は東京の高層ビルすらも武器としてKAIJUを倒しにかかります。

そして、新田真剣佑が演じるリューイチの乗ったイェーガー”セイバー・アテナ”も颯爽と現れKAIJUに一撃をお見舞いします。
最速のイェーガーというだけあり、スピード感のある攻撃をしています。

先日のジャパンプレプレミアムでは、
スティーブン・S・デナイト監督が、

「自分は日本が大好きで、
 ウルトラマンやマグマ大使、
 ゴジラ映画など怪獣映画をたくさん見て
 大ファンだった。
 昨年12月の東京コミコンで約束した通り、
 この映画で東京をぶち壊したよ!
 見事にその夢が叶ったのでこの映画を楽しんで!」

引用:ぴあ映画生活

このようにコメントしており、日本への多大な愛を感じずにはいられません。

愛があるからこその破壊です。

以前12月03日にスティーブン・S・デナイト監督が来日した際にもこのようにおっしゃっていました。

「東京を滅ぼす可能性が高いです」

「子供の頃から『ウルトラマン』『マグマ大使』
 『ジャイアントロボ』、昔のゴジラ映画が大好きで、
 このような怪獣映画を作るなら、
 欠かせないのは東京をボッコボコにすること」

「最高の気分でした。
 東京の方にとっては悪夢かもしれないけど、
 僕にとっては夢でした」

有言実行したのではないでしょうか。

監督の遊び心が満載でたまらないですね。

関連:2018年4月公開パシフィック・リム最新作日本先行映像解禁

主人公が変わる…?

今更なんですが、前回の記事(2018年4月公開パシフィック・リム最新作日本先行映像解禁)でも書いた時に思ったんですが、主人公が変わるみたいですね。

前作はチャーリー・ハナムでしたが今回はジョン・ホイエガ、キャラクターとしてのタイプも違ってくると思います。

アラハタの不安要素としてあるのが、主人公が変わることへの違和感です。

映画の主人公が変わるというのはなかなかレアケースだと思うのです。
感情移入が難しくなるというか…

余談ですが、アラハタは「トランスフォーマー」が好きなんです。それもシャイア・ラブーフが大好きなんです。

ですが、トランスフォーマーも途中で主人公が変わってしまったんですよね。それで少し興味を失ったことがあります。

何作もやってマンネリ化を防ぐための対策だったのかもしれませんが、何とも言えない気持ちになりました。
ヒロインなんて毎回変わってましたしね(笑)

関連:シャイア・ラブーフという人間の魅力に迫る!代表作3選!

話を戻しますが、今作の「パシフィック・リム:アップライジング」で主人公が変わるというのがどのように作用するのかが1つの懸念点です。
巨大ロボ”イェーガー”がメインの話ではあるので問題なければいいのですが…



最後に…

期待する点や懸念点も多い作品ですが、これだけは言えることがあります。

アラハタ含め世の男が1度はあこがれる巨大ロボット。
そしてロマンの詰まった技、武器

厨二病だったあの頃を間違いなく思い出させてくれるでしょう。

そして、随所に感じるであろう日本愛。
それを堪能する映画になるでしょう。

ロボットVS怪獣は永遠にロマンですね(笑)

4月13日はみんなで劇場でロケットパンチしたいと思います!

関連:ついに来た!2018年パシフィック・リム:アップライジング公開予定!!
関連:2018年4月公開パシフィック・リム最新作日本先行映像解禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください