やっぱり個性的三木聡監督の最新作「音タコ」10月12日公開!

どうも!アラハタです!

三木聡監督最新作の奇抜作品情報が出ました。
そのタイトルは
「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」
すごいタイトルの映画出てきたなぁと目を疑いました(笑)

この記事では”音タコ”とでも略しましょうか。

三木組常連が勢ぞろいの本作をチェックしていきます!



音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!とは…

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の画像検索結果

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、
声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。
正反対の2人は偶然出会い、
ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるもの
という秘密を知ってしまう!
しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで
崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、
2人は謎の組織から追われるはめに。
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!

引用:公式HP

どんな映画なの?が公式HPにスッキリとまとまっていましたので、引用しました。
”声帯ドーピング”なるもので世界的地位を築いたロックミュージシャンと声が小さすぎるストリートミュージシャンの話です。

笑いも感動もあるハイテンション・コメディ映画になります。

後この映画…とにかく癖がすごいです。

シンのレコード会社の担当者・坂口を演じるのは千葉雄大。
「グチャグチャドロドロになって振り回される役回りでもあり、
全てが超興奮でした」とコメントするほど、
自身初めてのブッ飛びキャラクターに挑む。
また、眼帯姿のミステリアスな女医役には
「時効警察」シリーズなど
三木聡監督作品のマドンナである麻生久美子、
パンクバンドのボーカル・自滅役には
自身もパンクファンでもある小峠英二(バイきんぐ)。
さらに、ふうかの親戚・デビルおばさん役にふせえり、
シンの所属事務所社長に田中哲司、
様々なギャグを繰り出すザッパおじさんを
松尾スズキが演じるなど“パンチ×毒”全開の
超個性派俳優たちがスクリーンで暴れまくる!

引用:公式HP

キャラクターデザインを少しだけ…

常連組「麻生久美子」は白髪ロングの女医役

田中哲司はハゲヅラの社長役に!

逆にバイキング小峠は毛が生えたパンクロッカーに!

常連組ふせえりのデビルおばさんも癖が強そうだが、他の役に比べると随分とまともに見えてしまう…

松尾スズキ演じるザッパおじさんはギャグを使いこなす役。

森下能幸の演じるよろこびソバのおじさんはもうとにかく超怪しい。

キャラ渋滞がすごいですホントに(笑)

ですがこれも三木作品の特徴でしょうか。コメディ色強めですね。



楽曲

ミュージシャンが主演となる映画につきものなのは楽曲です。
今回はなんと…
W主題歌で”HYDE&いしわたり淳治”と”あいみょん”の書き下ろし楽曲となります!

シンが歌う主題歌「人類滅亡の歓び」を作曲したのは、
L’Arc~en~Cielのボーカルやソロとして
世界で活躍する正真正銘のロックスター・HYDE。
「監督のイメージを具現化していったら
 恐ろしい曲になりました(笑)」
と語る楽曲は、シンの世界観を見事に象徴した曲となっている。
そして作詞は、さまざまな音楽ジャンルを横断しながら
通算600曲を超える楽曲を手掛けてきた、
元SUPERCARのいしわたり淳治が担当。
ふうかが歌うもうひとつの主題歌
「体の芯からまだ燃えているんだ」の
作詞・作曲を担当したのは、
若者を中心に絶大な人気を誇る
期待のシンガーソングライター・あいみょん。
脚本を読んだあいみょん自身の解釈により、
ふうかの成長を表現した渾身の楽曲は
映画のラストに大きなパワーを与えている。
さらに、PABLO、KenKen、
SATOKO(FUZZY CONTROL)、THIS IS JAPAN、
never young beach、
橋本絵莉子、富澤タク(グループ魂/Number the.)、
KATARU(ニューロティカ)、NABO(ニューロティカ)、
清水麻八子、八十八ヶ所巡礼らが
楽曲提供・出演で本作を激烈にサポート、
今世紀最強アーティストが集結した!

引用:公式HP

すごい面々が楽曲提供や出演します!
何とも強烈なメンツに思わず驚きました!
ニューロティカとかこの映画にぴったりそうですね(笑)

「ニューロティカ」の画像検索結果



最後に…

どうでしょうか「音タコ」!

個人的にはめちゃくちゃ気になるし絶対面白いと思うんですが。
確実に賛否両論別れそうな作品だなぁと思います。

”少年メリケンサック”よりもえぐそうですね(笑)

10月12日と公開も近いので、是非時間があれば見に行きたいですし、見に行ってほしい映画の1つです。

ただ是が非でも見てほしい!っていう作品ではないです(笑)
Blu-rayやレンタルでもとりあえずはいいかなぁと思います。

めちゃくちゃ面白くてスクリーンで見なかったことを後悔する可能性は全然ありますけどね!
10月12日をお楽しみに!

ちなみに「音タコ」文庫本ではすでに出ております!

(宮崎あおい可愛い…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください