西野亮廣の魅力3大要素

どうも!アラハタです!

今回は誠に勝手ながら西野亮廣という人について、僕が思っている彼の魅力をご紹介したいと思います。

ほんとに勝手ながらです。
反感を買うかもしれませんがアラハタなりに西野さんの魅力を皆さんにお伝えしたいと思います!

「西野亮廣」とは…

まず彼がどのような人なのか…

1980年7月3日生まれ兵庫県出身
絵本作家、俳優、お笑い芸人といて活動。
漫才コンビ「キングコング」のツッコミ、ネタ作り担当。

お笑い芸人として、人気番組「はねるのトびら」のMCなどをしていましたが、
2016年6月28日芸人引退を宣言。以降、肩書きを絵本作家としました。

肩書きを変えるだけの問題とし、芸能活動は引退ではないとしています。

絵本作家としても様々な活動をしています。
えんとつ町のプペルという作品を世に出し、その作品の個展なども開いています。

と、まぁ人物を語ると正直こんなざっくりまとめられるものではございません。

40近い人間の生い立ちをこんなにざっくりまとめるものではないと思いますが、
今回、アラハタが話したいのは西野さんの魅力についてです。

生い立ちとうはいろんなHPやWikipediaがあるので見てください(笑)

こんなに投げやりでいいのでしょうか。

では、さっそく西野さんの魅力を…

3つの魅力

1.現実主義者

まずこれです。というかこれが全てかもしれませんが、
アラハタは西野さんを超現実主義者だと感じてます!

というのは、西野さんの発言ってどっか夢見てる風に捉えられがちだと思うんですが、全部裏付けがあるんです。

すごく理詰めして、確信を持ってから動いてる。

もちろん思ったようにいかなくても、そのあとの軌道修正まで考えて。

だから、アンチといわれる人が出てきても冷静に対応していますし、

全部論破できるんでしょうね。

それって単純にこの人頭がいい!ではなくて、用意周到なんです。

つまり現実主義で、反対意見もすべてつぶせる自信がある。

反対意見をつぶせるということは、世の中、というか世の中にいる大多数を納得させられるってことですよね。

大多数を納得させると、徐々に西野さんの見方が変わってきます。
この人はすごい人なんじゃないかって。

そういうところまである種計算しているんじゃないかなと。

計算して動くことを打算的なんていう人は夢を現実に変換しようとしてないんですよ。ラッキーパンチで実現させたいなんて、宝くじと一緒です。
大概ギャンブルですよ。

現実主義、現実を見るということは打算的でもいいので、ひたすら計算してこうなったらこうなるっていう手順を組んで、行動する人なんじゃないでしょうか。

だからこそ、僕は西野さんを現実主義者だと思っていますし、
それが大きな魅力だと思います。

2.分析力

前述した現実主義者という話があってこそなんですが、

じゃあ計算して計算して計算したらみんな同じことができるのかといわれるとそうではありません。

経験値と分析力が必要です。

経験値はそれこそ経験で補えるかもしれません。

ですが、分析力は難しい。

人はきっと希望的観測をしがちなんですよね。
その希望的観測によって、分析力が落ちるんです。

分析するっていうのは客観的であって冷静でないといけない。

感情に流されて希望的観測をするとよくない場合が多いです。
そういう意味で西野さんの分析力は素晴らしいです。

それがあっての現実主義なのかもしれませんがね!



3.思考の柔軟性

これも西野さんの大きな魅力だと思います。

思考が凝り固まってないです。

例を出すと絵本を分業制で作るという話。
非常に理にかなってるんですが、

なんでか絵本って今までそうやって作られてないんです。
この手の話は西野さんの本にたくさん書いてありますので、そちらを読んでいただきたいところですが、

絵本業界の常識を変えたんだと思います。

大げさに聞こえるかもしれませんが、「こうするもの」って凝り固まっていたらできないんですよね。

ただ常識を崩すと、批判の声は生まれます。
それでも西野さんはそれを覆してきたんだと思います。

それは「思考の柔軟性」が高いからかなと。

こうしたらいいでしょ!だけの猪突猛進でもないんですよ。

こうした時のメリットデメリットとかたくさんあってそれを全部考慮して、こうしたほうがいいっていう選択ができる。

それこそ「思考の柔軟性」です。

素晴らしい。

最後に…

さてまずとりあえず3つの魅力を話しました。

正直こんなもんじゃないとは思うんですけどね。

40近い人をたった3つでまとめられるわけがないだろうと。

ただ知ってほしいのとブログの記事にさせていただきたいので書きました。

もちろん嘘偽りなく話せば、ブログのアクセス伸ばしたいです。

なので話題になりそうな人をチョイスしています。

ただそれだけで書いてはいません!
文章力的に嫌いな人は書けませんし、事実アラハタは西野さんをすごいと思っています。

なのでこうしてまとめさせてもらいました!

アラハタがこれを書こうと思ったきっかけは、

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

を読んだからです。

この本非常に面白いです。

アラハタは正直、西野さんのファンでもアンチでもありませんが、

この本を単純に面白いと思ったし、世間でたたかれていても気にならないくらい、彼がすごい人だと思いました。

なので、ぜひ手に取ってみてください。

このブログ、西野さんまで届いて、拡散してもらえたらなぁなんて思いながら締めたいと思います!

 

えんとつ町のプペルの無料公開の話とか面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください