不安募る映画「ニセコイ」大丈夫か?

どうも!アラハタです!

週刊少年ジャンプで最も長く連載した恋愛漫画「ニセコイ」
が実写映画化します!

原作もぶっ飛んでいるところはあれど、超能力や実写化に危険な要素が少ないので大丈夫かと思っていましたが…
予告編を見ると非常に不安になりますね…。

映画版「ニセコイ」は大丈夫でしょうか…



ニセコイとは…

週刊少年ジャンプで連載していたラブコメ漫画「ニセコイ」
原作はほんとに泣けるし笑えるしでラブコメとしてのクオリティが非常に高かったです。
それでも少年漫画らしい要素も含まれていて。
人気だったのも頷けます。

週刊少年ジャンプの映画化も「銀魂」の大成功をきっかけに増えてきた気がします。
今までは実写映画ではなく、アニメ映画が多かった気がするんですけどね。
「斉木楠雄のΨ難」なども記憶に新しいですね。

ですが、福田監督だからこそ上手くいった部分も多い、ジャンプ漫画実写映画化。
今回は予告を見てもチープで不安になります…。
名作漫画なだけに成功してほしいですね。

イントロダクション

「映画ニセコイ」の画像検索結果

「週刊少年ジャンプ」最長連載ラブコメ
【脱・王子】中島健人 × 【脱・清純】中条あやみ
強制的に、恋人のフリはじめました――。

少年漫画界の雄「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて
2011年~2016年まで連載され、
ジャンプのラブコメ史上で最長連載を果たした
歴史的な漫画作品「ニセコイ」
(コミックスシリーズ累計:1200万部)。
極道一家「集英組」の一人息子・一条楽と、
ギャング組織「ビーハイブ」の一人娘・桐崎千棘が、
性格真逆で相性最悪にも関わらず、
お互いの組織の抗争を鎮めるために
“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に
演じさせられることから始まる
ブッ飛んだハイテンションストーリー。
類を見ないトリッキーな設定のキャラクターである
主人公の楽と千棘を演じるため
【脱・王子】を掲げた中島健人と
【脱・清純】を掲げた中条あやみが、
普段のイメージを180度覆すような
役へのアプローチで気合の実写化へ。
中島とはドラマ
「黒崎くんの言いなりになんてならない」(15)で、
中条とは映画
『チア☆ダン~高校生がチアダンスで
 全米制覇しちゃったホントの話~』(17)
でタッグを組んだ河合勇人監督が、
これまで見たことのない2人の新たな
コメディセンスを引き出すべく、
コミカルに振り切った演出を徹底。
さらに作品を彩るキャストとして、
純真無垢なクラスの美少女・小野寺小咲役の
池間夏海、警視総監の娘にして
楽の婚約者を名乗る橘万里花役の島崎遥香、
楽のクラスメイトでお調子者・舞子集役の、
今年5月にデビューしたKing & Princeの
リーダー・岸優太、そして楽と千棘の関係を
疑い常に2人を監視し続ける
ギャングの幹部・クロード役のDAIGOが、
一癖も二癖もある超個性的なキャラクターを
原作のチャームポイントそのままに演じます。
原作者・古味直志先生も撮影現場に足を運び
「まさかこんな旬な方々に演じて貰えるとは!」
と現場の最前線で映画制作を楽しみに。
映画『ニセコイ』は来る12月21日(金)公開!
平成最後のクリスマス、ニセから始まるコイもある!?

引用:公式HP

ストーリー

「映画ニセコイ」の画像検索結果

「どうしてこうなったんだーー!」
勉強一筋の真面目な高校生にして実は極道
「集英組」の一人息子・一条楽は、
ある日突然、金髪&ハーフの
キョーレツ女子・桐崎千棘と宿命の出逢いをとげる。
実は千棘はアメリカのギャング組織「ビーハイブ」の一人娘。
性格真逆で相性最悪の2人は抗争寸前な
親の組織の仲をとりもつため、
強制的に恋人のフリをさせられることに!
幼い頃に結婚の約束をしたハズの
運命の相手を探している楽にとって
好きでもない奴と恋人のフリなんて地獄!
でもバレても抗争勃発で即・地獄!
”ゼッタイ無理!”な恋愛抗争コメディ、開戦!!!

引用:公式HP



最後に…

原作はほんとに面白いので期待値が高いぶんやっぱり不安ですね。
なんでこんなにもチープな作りにしてしまったのでしょうか。
それも一種のコメディなんですが、やはり不安です…。

でもそれも踏まえて1度映画見てみようという気になります。

12月21日から上映開始。
映画館で見るかは置いといて、要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください