M:I.シリーズ第6弾フォールアウト!2018年8月3日に公開決定!

どうも!アラハタです!

トム・クルーズ主演。「ミッション:インポッシブル」のシリーズ第6弾
「ミッション:インポッシブル / フォールアウト」が2018年8月3日に公開決定しました!

ついに第6弾まで来た超人気作「M:I.シリーズ」
今作ももちろんトム・クルーズ主演。
そして監督は前回に引き続き「クリストファー・マッカリー」が務めます!

M:I.(ミッション:インポッシブル)シリーズとは…

「ミッションインポッシブル」の画像検索結果

1996年にシリーズ第1作目がアメリカ合衆国で制作されました。
アメリカのテレビドラマ「スパイ大作戦」の映画化作品として世に出ました。

主演の「トム・クルーズ」はこの作品で初めて映画プロデューサーに挑戦し、自ら監督を選んでいます。

もはや有名ですが、「ミッション:インポッシブル」とは”任務遂行不可能”という意味で、超高難易度のスパイ任務をイーサン・ハントが次々とクリアしていくシリーズです。

シリーズ一覧

  • ミッション:インポッシブル
  • M:I-2
  • M:i:Ⅲ
  • ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト

最新作:フォールアウト

「ミッション:インポッシブル フォールアウト」の画像検索結果

ミッション:インポッシブルの最新作:フォールアウトが2018年8月3日に日本公開が決定しました。

監督は前作「ローグ・ネイション」に引き続き、クリストファー・マッカリー。
今回のサブタイトル「フォールアウト」についてインタビューでこのように語っています。

「今作のサブタイトルには物理的、そして、
 比喩的なものまで複数の意味が込められている。
 物理的なもので言えば核テロの脅威だ」

引用:CinemaCafe.net

「M:I.シリーズ」といえば決死のアクション。

トム・クルーズがスタント無しで挑むこと有名です。

前作では上空1,500mへと飛び立つジェット機の外側に素手で捕まるというアクションを行い、世界中の度肝を抜きました。

最新作ではどのようなアクションをするのかにも注目が集まっています。
最新画像では、ヘリにしがみつくトムの姿が映っていますね!

昨年には本作の撮影中に「トム・クルーズ」が大ケガをしたことも報じられていましたが、驚異的なスピードで回復し、撮影を再開したとのこと。
大ケガをするようなスタントにも挑戦したということです。
骨折したまま撮影も再開していたようです。

「M:I.シリーズ」おなじみのベテランキャストも勢ぞろいしています。

  • ベンジー役のサイモン・ペッグ
  • エルサ役レベッカ・ファーガソン
  • アラン役アレック・ボールドウィン
  • ルーサー役ヴィング・レイムス

と、豪華な顔ぶれがまた集まっています。

前作がシリーズ最高傑作との呼び声も高い中。
初の監督続投という快挙を成し遂げた「クリストファー・マッカリー」
本作にも気合が入っているでしょう。

トム・クルーズ

「トム・クルーズ」の画像検索結果

1962年7月3日産まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュース出身の俳優です。

映画プロデューサーや歌手などの活動も行っています。

身長は170cmと実はそこまで高くないです。

代表作

  • トップガン
  • 7月4日に生まれて
  • ザ・エージェント
  • マグノリア
  • ラストサムライ
  • トロピック・サンダー/史上最低の作戦
  • etc….etc…

M:I.シリーズは代表作から外しました。
意外と知らない作品もおいのではないでしょうか。見てみて損はない作品ばかりです。

クリストファー・マッカリー

「クリストファー・マッカリー」の画像検索結果

1968年産まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州プリンストン・ジャンクション出身の映画監督です。
監督業よりも脚本家としての方が有名です。

代表作(脚本)

  • パブリック・アクセス
  • ツーリスト
  • アウトロー
  • ジャックと天空の巨人
  • ウルヴァリン:SAMURAI
  • ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
  • etc…etc…

 

「クリストファー・マッカリー」とはあまり聞かない名前かもしれませんが結構有名作品の脚本をしています。



最後に…

待望の「M:I.シリーズ」最新作です。

心待ちにしていた人ももちろん多いでしょう。

有名作品ですからね…

今作についてトム・クルーズは以下のようにコメントをしています!

「これまですべての『ミッション・インポッシブル』
 を考慮したストーリーとなっている」

「初期の『ミッション・インポッシブル』
 映画でやったことすべてのフォールアウト(副産物)で、
 イーサンたちがこれまでやってきた良いことが、
 彼らに対し不利に利用されてしまうんだ」

引用:CinemaCafe.net

最新作のストーリーをちらつかせる発言。

これはもしかすると前シリーズをちゃんと見た方がいいかもしれませんね。

というわけで2018年8月3日までに前5作また見直そうかなと思います!

イーサン・ハントかっけぇ!ってなりますかね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください