ステイサムVS超巨大サメ「MEG ザ・モンスター」9月7日公開

どうも!アラハタです!

本日(2018年9月7日)公開の「MEG ザ・モンスター」
我らがヒーロー”ジェイソン・ステイサム”と超巨大ザメ”メガロトン”との戦いを描いた作品になります!

MEG ザ・モンスターとは…

人類は決して見つけてはならないものを、見つけてしまった。
メガロドン、通称MEG(メグ)――  “それ”はかつて海を支配した、 ジョーズの3倍以上大きな最恐の巨大ザメ。
200万年前に実在した“それ”が、 絶滅した確たる証拠は今の所見つかっていない。
この夏その恐るべきモンスターが海底の奥深くから、 あなたのビーチまで浮上してきたとしたら…。
『ワイルド・スピード』シリーズで無敵をアピールした ”陸では敵なし”のジェイソン・ステイサムだが、 この敵には勝てそうにない。
できるのは逃げることのみ。 『ジュラシック・ワールド』を超えたスリルが、ここにある! 引用:公式HP

巨大ザメとの戦闘といえばやはり思い出すのはジョーズでしょうか。
今回はジョーズの3倍のサイズのサメとの戦い。
ジェイソン・ステイサムもたじたじです。

アラハタ的にサメ映画といえばディープ・ブルーを思い出しますが、
MEG ザ・モンスターの出来栄えはどうでしょうか。

あらすじ

映画『MEG ザ・モンスター』

大陸から200キロ離れた海洋研究施設から、
潜水した探査船が未知の海溝を発見。
しかし、喜びもつかの間、船は未知の海域で消息を絶った。
潜水レスキューのプロ、
ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は、
救助に向かった先で、
生物学の常識を超えた“モンスター”=MEGと遭遇。
しかし、その恐怖は単なる始まりに過ぎなかった。 

引用:公式HP

映画『MEG ザ・モンスター』

船を破壊し、研究施設を壊滅させたMEGは、
陽光まばゆいビーチをも恐怖に陥れようとしている。
ジョナス率いる海洋エキスパート・チームは、
この危機をどう乗り切るのか?
人類は、果たしてこの脅威から逃げ切ることができるのか!?

引用:公式HP

映画『MEG ザ・モンスター』

話は実にシンプルだと思います。
でっかいサメが出たからみんなどうにかしよう!というお話。
シンプル故に難しい映像美やストーリーの奥行きをどのように作り上げているのか必見です。
ただのパニック映画になっていないことを祈ります。

ジェイソン・ステイサムのコメント

  • 「トランスポーター」「アドレナリン」「エクスペンダブルズ」など、人間を相手にすることが多かったステイサムが巨大ザメとの戦いについて
「僕にとって新しい冒険だった。ワクワクしたよ」

引用:シネマトゥデイ

  •  自身が演じたジョナスの魅力について
「人とうまくやれるところ、やれないところ。
 築かなければいけない関係。
 崩さなければならない関係。
 誤解もある。赦(ゆる)しを求める物語でもある」

引用:シネマトゥデイ

ただのパニック映画ではない作品になってそうですね。

「(ダイビングで)どんどん経験を積むうちに、
 サメのような危険な要素を求めるようになるんだよ」

「脚本を読んだ時、最初は“どうやって撮影するんだ?”
 と思ったよ」

「自分の能力をあまり心配せず、流れに乗ることだと思う」

引用:シネマトゥデイ

ステイサムのコメント見てて思うんですが、
この人脳筋過ぎるかもしれませんね…
質問に対するコメントがちょっと変です(笑)

もしかするとそういうキャラを演じているのかもしれませんが…
あ、誤解を招きたくないのでいいますが、
アラハタはジェイソン・ステイサム大好きです。

最後に…

若干の地雷臭を漂わせながら公開となりました
「MEG ザ・モンスター」

ジェイソン・ステイサムでなければ注目は集まらなかったかもしれません。

ですが、アラハタ的には非常に期待している作品です。
現代の撮影技術で描く巨大サメのパニック映画がどのようになるのか。

また、ただのパニック映画だと飽和しているサメ映画界は引き締まりません。

今作はある意味非常に大事な作品になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください