「ジュラシック・ワールド/炎の王国」シリーズ最多の恐竜達

どうも!アラハタです!

2018年7月13日公開予定の「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

恐竜にスポットを当てた映像が公開されました。
シリーズ最多の恐竜の種類。

今作がどれだけ力が入っているかが分かります。

関連:ジュラシック・ワールド続編が2018年7月13日公開!



ジュラシック・ワールド/炎の王国とは…

「ジュラシックワールド 炎の王国」の画像検索結果

メイキング映像や特典映像もガンガン出てます。

予告を見ただけでただ恐竜と争うものではなく。
愛を感じてしまうのは私だけでしょうか。

今まで受け継がれてきた「ジュラシック・パーク」シリーズの遺伝子のようなものを感じます。

そして何より今作。
恐竜の種類がシリーズ最多。
過去作全て網羅する勢いです。
ハイブリッド恐竜も出てきます!

暴れる恐竜達

恐竜を一挙にご紹介します。

  • ティラノサウルス・レックス Tyrannosaurus rex
    「ジュラシック ティラノサウルス・レックス」の画像検索結果
  • ヴェロキラプトル Velociraptor
    「ジュラシック ヴェロキラプトル」の画像検索結果
  • モササウルス Mosasaurus
    「ジュラシック モササウルス」の画像検索結果
  • アロサウルス Allosaurus
    「ジュラシック アロサウルス」の画像検索結果
  • バリオニクス Baryonyx
    関連画像
  • カルノタウルス Carnotaurus
    関連画像
  • コンプソグナトゥス Compsognathus
    「ジュラシックパーク コンプソグナトゥス」の画像検索結果
  • ディロフォサウルス Dilophosaurus
    「ジュラシックパーク ディロフォサウルス」の画像検索結果
  • ガリミムス Gallimimus
    「ジュラシックパーク ガリミムス」の画像検索結果
  • アパトサウルス Apatosaurus
    「ジュラシックパーク アパトサウルス」の画像検索結果
  • ブラキオサウルス Brachiosaurus
    「ジュラシックパーク ブラキオサウルス」の画像検索結果
  • アンキロサウルス Ankylosaurus
    「ジュラシックパーク アンキロサウルス」の画像検索結果
  • ステゴサウルス Stegosaurus
    関連画像
  • スティギモロク Stygimoloch
    「ジュラシックパーク スティギモロク」の画像検索結果
  • トリケラトプス Triceratops
    「ジュラシックパーク トリケラトプス」の画像検索結果
  • シノケラトプス Sinoceratops
    「ジュラシックパーク シノケラトプス」の画像検索結果
  • プテラノドン Pteranodon
    「ジュラシックパーク プテラノドン」の画像検索結果
  • インドラプトル Indoraptor
    「ジュラシックパーク インドラプトル」の画像検索結果
  • インドミナス・レックス Indominus Rex
    「ジュラシックパーク インドミナス・レックス」の画像検索結果

前作から引き続きハイブリッド恐竜が増えました。
インドラプトル詳しくご紹介します!

ハイブリッド恐竜「インドラプトル」

「ジュラシックパーク インドラプトル」の画像検索結果

本作に登場するとされる新しい遺伝子組み換えの架空のキメラ恐竜です
名前の意味「Indomitable thief」(不屈の泥棒)。

シリーズでは珍しい雄設定で、正式名称はインドミナス・ラプトルとなります。

ヴェロキラプトルとインドミナス・レックスの中間にあたる位の大きさで、所々インドミナス・レックスに酷似していますが、黒色の体をし、後ろ脚のつま先にかぎ爪があるなど違いがあります。

インドミナス・レックスがパワー型なのに対して、インドラプトルはスピード特化型。

「ロックウッド・エステート」の研究室でヴェロキラプトルのブルーとインドミナス・レックスのDNAをベースに、色々な生物の遺伝子を組み合わせ、最強の軍事用生体兵器として造られました。

恐竜オークションで先史時代の新しい恐竜の注目の目玉として、集まっていた投資家達に紹介され注目を浴びました。

身体の大きさは、およそ
体高10フィート(約3メートル)
体長約26フィート(約8メートル)
重量約2200ポンド(約1トン)。

ヘンリー・ウー博士曰く、『最強の新種』らしく、性格は非常に凶暴かつ獰猛、そして残虐。
ヴェロキラプトルのDNAにより、非常に高い知能を持ち、足が非常に速く、強化された追跡能力と鋭い嗅覚、暗闇でも視界が分かる暗視能力を持ちます。
そして、高い隠密性をも兼ね備えているます。

また、強靱な前脚は、遺伝子操作により非常に長いため、それを使った物理攻撃や、物の運搬、操作が可能です。

インドミナス・レックスと同じく前脚の指の本数は4本。
性別が雄なため、体の所々に鶏冠(トサカ)が生えています。
また、ブルーの遺伝子を継いでいるため、体にライン状の模様があります。
劇中では、人間達を執拗に追いかけ回します。

ただでさえ、遺伝子を組み替えて作られたインドミナス・レックスを更に配合したハイブリッド種です。

本作の鍵は「ヴェロキラプトル:ブルー」

前作で登場したヴェロキラプトル部隊最後の生き残りで長女にして元リーダーのブルー。

「ジュラシックパーク ブルー」の画像検索結果

体に入った青のラインが特徴です。
今作でも主人公オーウェンはブルーの軍事利用を防ごうとします。



最後に…

シリーズ最多の恐竜数。
覚えられません。

ヴェロキラプトル、インドラプトル、インドミナス・レックスを覚えておけばいいのではないでしょうか。

他はおそらく覚えなくても大丈夫です。(笑)

ただ、全ての恐竜に個性があって面白いんで、覚えるとより映画が楽しめるのは間違いないです。

今作、恐竜にリアリティーを求めるために、アニマトロニクスを使用しています。
映画界のCGの先駆けになった「ジュラシック・パーク」シリーズがアニマトロニクスで…というのはいつ聞いても面白いです。

リアルな恐竜の動きや表情堪能できるのではないでしょうか。

公開は2018年7月13日。楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください