名作SFインターステラーの主観レビュー

どうも!アラハタです!

今回は2014年の名作映画「インターステラー」についてです。

クリストファー・ノーラン監督のSF映画です。

当時僕はそれはもう映画館に映画を見に行くことに非常にハマってまして。

最近ではプロジェクターのおかげで自宅での映画ライフが非常にはかどっていますが。当時はひたすら映画館に行ってました。

最近ショッピングモールに映画館が入ることが多くてそれが主力になっている気がしますが、アラハタ的にはレトロな映画館が好きです。

さて、話が脱線しましたが(いつも脱線してますね)インターステラーについて書き綴りたいと思います。

SF映画ってあんまり好きじゃないというか。全然見るんですけど見終わった後に最高かよ!ってなって高ぶることがあんまりないんですが、インターステラーは高ぶりました。

もう3年前の映画なのでネタバレも何もないとは思うのですが、「海の惑星」の部分が最高にぞっとしました。

時間軸が違うということで宇宙の壮大さを表現すると同時に恐怖や、少しのことが命取りになること。

インターステラーはSF映画なんですが設定とか理屈や理由がしっかりしてるんですよね。

理系的にしっかり計算してあるので、全部納得できてしまうし、辻褄の合わないことが少ないんです。(あえて少ないと言わせてください)

だから何度も見たくなるし何度だって面白いです。

映像壮大さも素晴らしいですね。

あとはですね。

多分見た方はみんなそうだと思いますが、TARSほしい。

TARSは人工知能の、有機的機械。

活字だけでは伝わらないと思います。非常に愛くるしいやつなんです。ロボットではなく有機的機械とノーラン監督はおっしゃってます。こだわりなんでしょうね。

TARSがホントに欲しい。ちなみにTARS人気でおもちゃとかすごい出てます。

僕も欲しい。このブログ書きながらインターステラー熱が再熱してまして。TARSのおもちゃ買おうかと本気で考えてます。

ちなみにインターステラーのDVD、Blu-rayはもちろんすでに出ています!

間違いなく超名作です。

是非ご覧あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください