映画「アイアムアヒーロー」が想像以上の名作だった

どうも!アラハタです!

先日からAmazonプライムで無料で見れる(期間限定)ようになった映画「アイアムアヒーロー」が想像以上に名作だったのでご紹介します!

最新情報!ではないですが、是非一度見てみたい映画上位に久しぶりに食い込んで来ました!



アイアムアヒーローとは…

花沢健吾が描く日本のサスペンスホラー漫画です。
ビッグコミックスピリッツの2009年22・23合併号 から連載開始した作品です。

あらすじ

鈴木英雄。仕事は冴えない漫画家アシスタント。
彼女とは破局寸前。
そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。
徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは
彼女の「異形」の姿。
一瞬にして世界は崩壊し、
日常は非日常へと姿を変えて行く。
謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体
『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、
日本中は感染パニックに陥る。
標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに
富士山に向かう英雄。
その道中で出会った女子高生・比呂美と
元看護師・藪と共に生き残りを賭けた
極限のサバイバルが始まった…。

引用:Amazon

こちらのあらすじは映画のあらすじを引用しましたが、内容は概ね同じです。(若干の違いはありますが)

映画版「アイアムアヒーロー」

本題はこちら。
映画版「アイアムアヒーロー」が素晴らしいという話です。

漫画作品の実写映画化は地雷という定説はもちろんありますが、本作はその定説を覆しての名作となります。

少年ジャンプ作品の映画化などひどいものが多いです。
BLEACHなど見れたものではないのでないでしょうか。
銀魂はメタな発言などもあり原作との違いも見せましたが、いいかどうかは微妙。原作ありきなところがあります。

しかしこの作品「アイアムアヒーロー」は違います。
原作にもちろん準じているんですが、一部変わっているところもあります。ですが、ストーリーが崩れるほどではないし、むしろ良くまとめています。

映画版は「アイアムアヒーロー」の序章を描いていますが、綺麗にひと段落させていますね。

原作知らなくてもOK

映画作品としてしっかりまとまっているので原作を知らなくても置いて行かれることはありません。

アラハタは原作も読んでいるので原作を知らない人の感想も聞きたいのですが、問題ないと思います。
それほど丁寧に作られています。



パンデミックまでの過程を描く

「アイアムアヒーロー」の画像検索結果

ゾンビ映画というのは難しく、海外作品でもいきなりパンデミック!なんてことが良くあります。
日本のゾンビ映画あっという間にパンデミックでなんで?って思うこともあります。

「アイアムアヒーロー」はパンデミックまでの過程がしっかりと描かれます。
いわゆる”日常”からスタートするのです。

それにより主人公・鈴木英雄という人間がどれだけさえない大人の男か伝わるし、日常により、感情移入もしやすくなります。
いきなりパンデミックだと感情移入難しくないですか?(笑)

大泉洋の演技がすさまじい

関連画像

アラハタは大泉洋が好きなんですけど、この映画でさらに好きになりました。
この人演技超上手だと思います。

最初はほんとにさえない中年男なんですが、最後はめちゃくちゃかっこよく見えるんです。
主人公の成長をしっかりと演じている彼がすごいですね。



最後に…

今なら映画「アイアムアヒーロー」はAmazonプライムで無料で見ることができます。

是非見てほしい作品です。
ゾンビ映画が好きならなおさらですし、原作好きならなおさらです。(原作好きならもう見てますかね。)

コメディ要素は漫画の方が多かったですかね。
そういう部分は若干減っていますが、
それでもやっぱりきれいにまとめられています。
何よりキャストも素晴らしい。
大泉洋、有村架純、長澤まさみと目を引く役者ばかりです。

色々な要素が相まって是非見てほしいんです!

アラハタは「はーい」のシーンが大好きです。
これは見た人なら伝わってくれるはず!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください