愛されキャラ「ミニオン」の兄弟分誕生!?その名も「グリンチ」

どうも!アラハタです!

大人気キャラクター「ミニオン」の生みの親「イルミネーション・エンターテインメント」が新たなキャラを生み出しました。

イルミネーション・エンターテインメント最新作である「グリンチ」です。

「グリンチ ミニオン」の画像検索結果

2018年12月のは日本公開となることが決定し、特典映像等がすでに届いています!

もはやアイドルとなっている「ミニオン」を生み出し、
「ペット」「SING/シング」も大ヒットを記録している
イルミネーション・エンターテインメントの最新作となる本作。

実は原作があります!

原作「グリンチ」

ドクター・スース(Dr.Seuss)が手掛ける絵本が原作となっています。

ひねくれた悪そうな顔をしていますが、イルミネーション・エンターテインメントの作品では大分デフォルメされてますね。

ちなみに2000年には1度実写映画化もしています。(笑)

「マスク」を思い出すビジュアルですね。
なかなかこのキャラクターがミニオンと同等の人気になるとは考えずらいのですが…

人気が出そうな幼少時代

見つけました人気の出そうな姿を!

こちらの特手映像をご覧ください。

つぶらな瞳で超キュートなグリンチ!
ちなみにこの状態はベイビーグリンチというそうです(笑)

「ボクが主人公だよ」からの「コイツは出ません」
ふてぶてしいけれど愛くるしい。
思わず笑ってしまうけどかわいい。
この感じはミニオンのそれに近いのではないでしょうか。

この後はどんどんひねくれて悪い顔になっていきます。
基本しかめっ面です。ですが、幼少期を見てからだとちょっと可愛く見えてきます。
不思議ですよね(笑)

ふてぶてしすぎる大人時代

「グリンチ イルミネーション」の画像検索結果

ベイビーグリンチから比べるとずいぶんとひねくれましたね。
表情や雰囲気から溢れ出てます(笑)

予告編を見てもわかる通り”いい奴だけどひねくれてる。”
そんなキャラクターですね。

洞窟の中で暮らし、愛犬のマックスの献身的な愛にもぶっきらぼうで対応。
近隣住民にはいじわるをして楽しんでいるグリンチです。

本作では、みんなが大好きな”クリスマス”を盗むという大きないじわる計画を企てるグリンチ。

ベイビーグリンチからオトナグリンチになるまでに何があったのでしょうか。(笑)

映画「グリンチ」注目ポイント

実写版ではなくイルミネーション・エンターテインメント版のグリンチの現在公開されている注目要素は

  • ベイビークリンチからオトナクリンチへの変貌
  • 声優がベネディクト・カンバーバッチ

まずはこの2点が注目されています。
予告編や特典映像ですでに思う方も多いでしょう。

子供から大人に成長する過程でなにがあったのかと(笑)

今作ではそんなところも見れるかもしれません。

そして今作グリンチの声を担当するのは、
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でアベンジャーズ入りを果たしたドクター・ストレンジことベネディクト・カンバーバッチです。

ベネディクト・カンバーバッチが往年のひねくれキャラをどのように演じるのか楽しみですね!



最後に…

まだまだ情報が少ないですが、以上が「グリンチ」でした。
絵本を読むべき!とは言わないですが、実写映画版には目を通してもいいかもしれません。

ミニオンとはまた違った魅力をはなつグリンチですが、彼らに対抗できるような人気者になるのでしょうか。

アラハタ個人的な意見としては難しいような気もしますね。

ミニオンも可愛くて憎たらしいんですが、グリンチはまた別かなと。
そして何より主人公として確立していること。

キャラクターが濃い主役向けなことが人気になるとは限らないものですね。

ですが、グリンチ非常に楽しみにしているのも事実です!

2018年12月クリスマスシーズンに全国公開とのこと。
まだ先ですが、クリスマスはグリンチ一緒になるのでしょうか。

One Reply to “愛されキャラ「ミニオン」の兄弟分誕生!?その名も「グリンチ」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください