ブルース・ウィルスが関西弁!?「デスウィッシュ」

どうも!アラハタです!

何ともくだらない予告編が解禁になった映画
「デス・ウィッシュ」

ストーリーとは関係なくギャグ映画でも何でもないんですが、関西弁の字幕のついた予告が公開されました。

思わず笑ってしまう予告編がこちら

話題作りのための関西弁予告ですが、クスっと笑ってしまう仕上がりになっています。



デスウィッシュとは…

本当の予告編はこちら。
内容は一緒ですが字幕は標準語です。

「ダイ・ハード」や「RED」、その他超多数の映画に出ている「ブルース・ウィルス」知らない人の方は少ないでしょう。

ブルース・ウィルスの最新作が「デスウィッシュ」

1974年に映画化された小説「狼よさらば」を「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロスが再映画化。

イントロダクション

外科医から処刑人へ──。
家族を失った男の復讐が加速する
ハード・リベンジ・アクション!!

警察の手に負えない犯罪都市となったシカゴで
救急患者を診る外科医ポール・カージー。
ある日、何者かが家族を襲撃。
妻は殺され、娘は昏睡状態になってしまう。
失意の中、日々を過ごす中で善良な市民が死に、
悪人の命を救わねばならいこともある
医者という立場にも疑問を感じ始める。
そして、犯罪が溢れかえり一向に進まない
警察の捜査。
この状況に怒りの頂点に達したポールは
自ら銃を手に、犯人抹殺のため危険な街へと
繰り出し始める。
悪人には、問答無用。
復讐をきっかけに街の悪を一掃する
“死神”と呼ばれる救世主へと変貌を遂げていく─。
外科医から処刑人へと変ぼうをとげる男の
ハード・リベンジ・アクションが
今、幕を開ける!!

引用:公式HP

ジェイソン・ステイサムが主演をしそうな内容の映画ですね。ブルース・ウィルスの年季の入った名演技非常に楽しみな作品です。

過去作がある分、期待値も高まります。



ブルース・ウィリスとイーライ・ロスの
異色タッグが実現!

主演のポール・カージーを演じるのは
『ダイ・ハード』シリーズ、
『エクスペンダブルズ』シリーズなどに
出演してきた稀代のアクションスター、
ブルース・ウィリス。
本格的アクション大作映画への出演は
『REDリターンズ』以来となり、
本作ではド派手なガンアクションを披露!
『ジュラシック・ワールド』の
ヴィンセント・ドノフリオ、
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の
エリザベス・シュー、
そしてレオナルド・ディカプリオの恋人として
話題になっているモデルの
カミラ・モローネが共演する。
監督は『グリーン・インフェルノ』、
『ノック・ノック』の鬼才イーライ・ロス。
本作で自身初となるアクション大作に臨む。
脚本を『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の
監督&脚本を務めた
ジョー・カーナハンが担当する。

引用:公式HP

キャストが超豪華です。アクション特攻のチームに監督がアクション初挑戦。面白くなりそうですね。
大いにこける可能性もありますが、
そこはブルース・ウィルスが何とかしてくれそうです。

あらすじ

悪人には、問答無用。

犯罪が多発し、警察の手に負えない無法地帯
と化した街、シカゴ。
救急救命の患者を診る外科医
ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、
毎日犯罪に巻き込まれた
患者の生死に立ち会っていた。
裕福で幸せな家庭だけが彼の平穏の地だった。
しかし、ポールが留守のうちに家族は
何者かに襲われ、妻は死に、
娘は昏睡状態になってしまう。
ポールの願いも空しく警察の捜査は
一向に進展をみせなかった。
怒りの頂点に達したポールは、
犯人を抹殺するべく自ら銃を手に取り、
危険な街へと繰り出し始める―。

引用:公式HP

やっぱり、主演ジェイソン・ステイサムじゃないですかね?(笑)
同じジャンルの俳優としてはあれですが、イメージはジェイソン・ステイサムっぽい映画なんですよね。



最後に…

「デスウィッシュ」の画像検索結果

「デスウィッシュ」の画像検索結果

本作公開は2018年10月19日。
秋公開のアクション大作です。

公開前に狼よさらばを見てもいいかもしれませんね。
監督や俳優、時代によってどう変わるのかを見るのは面白いかもしれません。

もちろんただ見ても面白い映画でしょう。

内容も分かりやすい復讐劇。
それゆえにブルース・ウィルスの名演技に期待です。

公開が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください