食と性「食べる女」小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子他

どうも!アラハタです!

気になる作品を見つけました。
その名も「食べる女」

まずキャストが新旧問わない注目女優ばかり!
そして人間の欲求に迫る食と性の物語。

アラハタはこういう心の動きをとらえた邦画が好きなもんで、
とても気になる作品です!



食べる女とは…

脚本家・筒井ともみ(阿修羅のごとく、海猫)が自身の短編小説集を原作に
企画・プロデュースした作品「食べる女」(2018年9月21日公開)

本作は”食”と”性”について、
人生に悩む8人の多様な女性たちの赤裸々な日々を”おいしいゴハン”とともに切り取っていきます。

食いしんぼうな女の欲望を満たす
今、あなたが本当に食べたいもの、本当にしてみたい恋愛って?

忙しない日々の中、なりたい自分も愛することも見失いがち...。
そこから新しい一歩を踏み出すパワーをくれるのは、
“おいしいゴハンと愛しいセックス”だ! 健やかな心と体があれば、きっと愛する力が湧いてくる。
欲ばってもいい。つんのめっても。素直になれなくたっていい。 でも、おいしい女になって、自分を味わいつくしてみよう。 誰のものでもないあなたの人生だから。 引用:公式HP

キャスト

8人の女性はこちら

  • 小泉今日子
  • 沢尻エリカ
  • 前田敦子
  • 広瀬アリス
  • 山田優
  • 壇蜜
  • シャーロット・ケイト・フォックス
  • 鈴木京香

多種多様な女性たちですが、皆話題に上がる女優たちです。
彼女たちが”おいしいゴハン”を頬張る姿も必見です。
そして、同じ食べ物を食べる仕草でも一人一人表現が大きく変わります。
たったそれだけのことなのに…という女優としての力が見れる気がします。

東京の街をふ〜わりふわりと漂う、8人の自由で孤独な女たち。

それぞれの孤独を精いっぱい抱えながら、
それぞれに違う形の幸せを模索する日々を送っていく...。
そして今夜も、女の本音満載のやさしく、おいしい宴が始まる!

引用:公式HP
  • トン子(小泉今日子)
迷える女たちに
おいしいゴハンを食べさせて、
元気にするのが大好きな女
  • ドド(沢尻エリカ)

    恋愛から逃げ腰なのをごまかして、
    蓄財にはげむ女
  • 多実子(前田敦子)

    ぬるま湯の差から抜け出せず、
    時々ジャンクな食べ物や
    オトコを夢想するアラサー女
  • あかり(広瀬アリス)

    男に都合のいい恋愛をしては
    失敗を繰り返しながらも、めげない女
  • 珠美(山田優)

    形式にとらわれることなく、
    元夫への愛もセックスも手放さない女
  • ツヤコ(壇蜜)

    別れた夫への愛を捨てられず、
    ピクニックに誘う女
  • マチ(シャーロット・ケイト・フォックス)

    料理下手で離婚危機に陥る、
    味覚がよくわからない異邦人(女)
  • 美冬(鈴木京香)

    聖母的な愛と料理で、 かわいい男を
    つまみ喰いするのが趣味の女



おいしい料理の数々

本作に登場する料理は、全部で50品以上!

おなじみの家庭料理にも原作者・筒井ともみさんの、
ちょっとした工夫を加えたレシピで、
いつものご飯がスペシャルなものになる。
例えば、劇中に登場するトマトと卵の炒め物は
ポピュラーなメニューだが、そこに女の身体に良いという
白きくらげを加えるのが筒井さん流。
素材の良さを生かして、簡単だけど手を抜かない。
そんな料理の数々も見どころです!
女同士の友情っていいな、辛いことがあっても、
おいしいものを大好きな人たちと食べれば元気になれる! 
そんなシンプルで、ストレートな女たちへの
応援メッセージにあふれた本作は、
毎日を一生懸命生きている現代の女たちにとって、
きっと明日への活力となるに違いない。
欲ばってもいい、食べたいものを自分で選ぶように、
自分にとって気持ちが良いと感じることに素直でいればいい。
そして、昨日より少しだけ新しい自分と出会うために、
悩み、奮闘しながら、”おいしい女”になって、
とことん自分を味わいつくそう!

引用:公式HP

もちろん実際に使えるアレンジばかり。
この映画を見ておなかが空いたあなたも、おいしいだけじゃなく体にも気を使い。かつ美しくなるという欲望を支える料理を作って食べたくなるのではないでしょうか。

コメント

企画・原作・脚本・プロデュース「筒井ともみ」

今作品は、女たちが「玉子かけごはん」を食べることから
始めようとするレボリューションの物語です。
この世界を少しでもやさしくタフにするための
ささやかなレボリューション。
8人の女が登場して、それぞれの日々を生きています。
いろんなひとりぽっちたちが、精いっぱい自分の
「孤独(ひとり)」を抱えながらなんとかやっています。
人生なんて楽しいことばかりじゃないから。
口惜しいことやせつないことだっていっぱいあるから。
そんな時こそ、ちゃんと「おいしいごはん」を食べてほしい。
心も身体もきっと元気になれるから。
元気になったら、他者をあてにするより、
まず自分で「おいしい女」になろう。
おいしい女になって、おいしい男を育てよう。
育ててみようじゃないか。
ガンバレ女たち。ついてこい男たち。
多様性は可能性なのだから。
あなたはあなたらしくあればいい。
この映画を、すべての愛しい「食べる女」たちと、
その相棒たちに捧げます。

引用:公式HP



最後に…

なかなか映画化するのは難しそうな作品だなぁと感じています。

どうしても絵が”地味”になってしまいそう。
ですが、邦画はそれくらいの方が感性を揺さぶってくる日本人の良さが出ると思っているので、正直非常に楽しみです。

人間の欲求の部分に触れた作品。

魅力的な女性が行う”食べる”という行為

どんな作品になっているのか非常に気になりますね。

2018年9月21日公開になります。

面白い作品へのアンテナがビンビン反応している作品です。楽しみ。

山口百恵+上戸彩!?中国の新人が嘘のような愛らしさ

どうも!アラハタです!

日本からも近い超大陸国家中国から我々日本人の心を奪うような女優が現れました!

その女優の名前は「ラン・ユエティン」愛らしさと美しさを兼ね備えた女優です。



ラン・ユエティンとは…

1985年生まれ、中国・大連市出身の女優です。

シルヴィア・チャンという中華圏を代表する大女優。
監督、脚本家、プロデューサー業も長らくこなすそんな大御所が、
最新作として「妻の愛、娘の時」を製作し、9月1日に公開されます。

もちろん主人公役のシルヴィア・チャンの演技もすごいのですが、
今話題を集めているのは主人公の娘役のラン・ユエティンです。

予告動画でどれだけ伝わるかわかりませんが、
上戸彩を彷彿とさせるキュートさがありつつ、どこか涼しげな山口百恵の面影すら感じます。
それは我々日本人にとって、とても親近感があり、国民的アイドル、女優になれる素質の持ち主のように感じます。



妻の愛、娘の時とは…

「ラン・ユエティン」の画像検索結果

そんなラン・ユエティンの出演最新作が「妻の愛、娘の時」
日本でも9月1日からYEBISU GARDEN CINEMA等で上映開始します。

あらすじ

母の死を看取ったフイインは、母を父と同じ墓に入れるため、
田舎にある父の墓を自宅のそばへ移そうとする。
夫や娘と共に、父の故郷を久しぶりに訪れるが、
父の最初の妻ツォンや、彼女に同情した村人たちに激しく抵抗され、
大きな波紋を巻き起こしてゆく。
夫の帰郷を一途に待ち続けたツォンは、
田舎の家で一人暮らしをしていた。
フイインは、自分の母こそが本妻だと証明するために、
両親の結婚証明書を発行しに行くが、
都市開発によって役所が移転したと言われ、
なかなか手に入れることができない。
長年務めた学校教師の職をもうすぐ定年退職することも相まって、
思い通りに事が進まずイライラを募らせていく。
そんな妻を優しく見守る夫・シアオピンは、
彼女のために定年祝いのメッセージカードを買いに行ったりと
陰ながら支えようとするのだが、ひょんなことから、
勤め先の自動車教習所の生徒・ワンさんとの仲を、
妻に疑われてしまう。
フイインの娘・ウェイウェイはミュージシャンのボーイフレンド、
アダーから北京に一緒に行こうと言われ迷っていた。
そんな折に、彼女が働いているテレビ局が、
フイインとツォンの「お墓をめぐるトラブル」に
目をつけ取材をしようとする。
ウェイウェイは、ツォンのところへ足しげく通い、
昔話を引き出して取材を進めるが、2人は次第に打ち解け、
心を通わせていく。
そして遂に、テレビ番組にツォンが出演する日がやって来た。
過剰な演出で煽り、見学にきていたフイインも
カメラの前に晒され、お互いに感情のままに想いをぶつけあう。
フイイン、ウェイウェイ、ツォン。
大切に想う人への気持ちが複雑に交錯するなか、
それぞれが最後に下した決断とは……。

引用:公式HP

ウェイウェイ役「ラン・ユエティン」

「ラン・ユエティン」の画像検索結果

ラン・ユエティンが演じる主人公の娘ウェイウェイは、フラットで伸びやかな聡明さがある役柄です。
ウェイウェイの揺れを絶妙な肌合いで体現しています。
上戸彩に似ているのはルックスばかりではないのです。
上戸の、一本筋の通った前向きさ、あの爽やかなポジティヴィティが共通しています。



最後に…

珍しく、中国の女優を取り上げました。

アラハタは上戸彩が好きなんですが、似てますよね。
雰囲気というか成分が近いというか。
素敵な女優になる気がすごくします。

意外と歳は若くないですが、それでも十分に美しい方です。

予告動画だけで満足せず、ぜひ劇場でも見ていただきたい女優です。

2018年12月公開!ガガ様初主演「アリー/スター誕生」

どうも!アラハタです!

世界の歌姫であり、ファッションリーダー。
そしてお騒がせも多いレディー・ガガが映画初主演です。
2018年12月21日公開予定の「アリー/スター誕生」
はレディー・ガガ主演で、「アメリカン・スナイパー」等で俳優業をしていたブラッドリー・クーパーが監督を務めます。
往年のシンデレラ・ストーリーを描く本作。
日本版予告も入ってきました!



アリー/スター誕生とは…

「アリー/スター誕生」の画像検索結果

1937年に同名映画があります。
3度目のリメイク作でアメリカでの公開は2018年10月05日となります。

あらすじ

音楽業界での成功を夢見るアリーが、
国民的ミュージシャンのジャクソンに
その才能を見出され、
華やかなショービジネスの世界で
愛と挫折を経験しながら
やがてスターへの階段を駆け上がっていく物語。

引:Filmarks

製作

この映画ができるまでには実に紆余曲折ありました。

2011年1月にビヨンセを主演とし、「スタア誕生」とういうタイトルで監督はクリント・イーストウッドと交渉中と報じられていました。

ですが、ビヨンセの妊娠でプロジェクトは延期。
レオナルド・ディカプリオ、ウィル・スミス、クリスチャン・ベールとの出演交渉も失敗に終わり、トム・クルーズへも持ち掛けられました。

その後、ビヨンセが降板し、ジョニー・デップにも出演拒否され、ブラッドリー・クーパーへ話が行きました。

クリント・イーストウッドは主人公役に、エスペランサ・スポルディングを構想していましたがかなわず。

ついにワーナー・ブラザースはブラッドリー・クーパーへ監督デビューを交渉。その後、レディー・ガガの出演も報じられました。

と、とてつもなく有名な俳優、女優たちに奇しくもことごとくフラれてしまったり、1度はOK出したもののタイミング悪くかなわなかったりとした作品です。

ここまで紆余曲折ある作品も珍しいでしょう。

人気作のリメイク版ということで、ある程度安心した期待値はあるのですが、ワーナー・ブラザースの思い通りに進んでない感じは若干不安ですね。



レディー・ガガとアリー

「レディー・ガガ」の画像検索結果

レディー・ガガ

1986年3月28日産まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニョーヨークマンハッタン出身の音楽家です。

オーストラリア・シドニー名誉市民にもなっています。

マドンナを尊敬し、もちろん影響も強く受けていると自他ともに認めています。
楽曲は1980年代のポップと1990年代のユーロポップを思い出させるような…

そして何より奇抜な恰好や目を引く行動をして注目を集めることが多い女性です。

アリー

「アリー/スター誕生」の画像検索結果

歌手を夢見るウェイトレスのアリー
自身の才能がなく、容姿にコンプレックスを抱き、小さなバーでくすぶっていた女性。

しかし、その後才能を見出されてスターとして世界に名を馳せます。

共通点

レディー・ガガとアリーは似ている部分が多いです。
レディー・ガガも学生時代に容姿にコンプレックスがあり、ソングライターとして楽曲提供を続けながら生計を立てるためにクラブのダンサーとして働いた過去があったといいます。

音楽の道へ行くための下済み時代になるのかもしれませんが。レディー・ガガも最初から順風満帆だったわけではないでしょう。

そこが、キャラクターとシンクロして感情のこもった良い演技につながるのではないでしょうか。

ちなみに今作で主題歌「SHALLOW」をレディー・ガガが書き下ろしています。
予告編でも圧巻のパフォーマンスをしています。



最後に…

完成まで紆余曲折あった「アリー/スター誕生」ですが、
結果いい落としどころに行ったのではないでしょうか。

ブラッドリー・クーパーの監督業、レディー・ガガの女優業。
まさにそれこそスター誕生となるかもしれません。

ただ二人とも、歌、俳優業で数々の功績を残してきたもので、信頼度は高めです。

12月21日公開「アリー/スター誕生」楽しみですね。

話題作「カメラを止めるな!」人気沸騰驀進中!

どうも!アラハタです!

公開箇所は2館と小規模公開でスタートするも、反響に反響を呼び、口コミでどんどん広がり、今では累計上映館数が190館を超えている話題作「カメラを止めるな!」

関連:超異色映画「カメラを止めるな!」が超名作ゾンビ映画だった

この低予算での小規模な映画が、
ロサンゼルス日本映画祭で最優秀作品賞に輝きました!
映画祭の事務局は受賞理由について

映画祭の今年のテーマは“映画は冒険”。
『カメラを止めるな!』は
今までの日本映画のイメージを覆すような作品
であること、また、
これほど映画作りに対する愛を感じる
作品はないと感じ、映画の都ハリウッドで
働いている人間に観てもらいたいと思わせる作品
だという理由から選びました。
この映画は日本とアメリカの橋渡しをするに
ふさわしい作品です

引用:映画ナタリー

とコメントしています。



「カメ止め」あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟で
ゾンビ映画を撮影していた。
本物を求める監督は中々OKを出さず
テイクは42テイクに達する。
そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!
大喜びで撮影を続ける監督、
次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
映画史をぬり変えるワンカットゾンビサバイバル!
……を撮ったヤツらの話。

引用:Filmarks



「カメ止め」最優秀作品賞受賞

「カメラを止めるな」の画像検索結果

ロサンゼルスの現地時間8月18日。
米国ロサンゼルスにて初上映された本作は、18日と19日の両日行われていた「第13回ロサンゼルス日本映画祭」の招待作品として上映しました。

他にも、斎藤工名義の初監督作品「blank13」が映画祭のオープニング作品として、そして吉田大八監督の「羊の木」やロサンゼルス在住のYOSHIKIが率いるX JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」、桃井かおり監督作「火 Hee」等が上映されました。

ロサンゼルスのダウンタウンにある全米日系人博物館内にあるホールにて行われた上映には200人弱が来場しました。
全米公開前とあってロサンゼルス在住日本人が多かったですが、およそ2割~3割程度はアメリカ人観客の姿も見られました。
前売りチケットは完売で、
「日本で現象となっているあの映画を観たい!」(来場者)
と一度限りの上映に大きな期待を寄せていました。満員の観客が見守る中行われた上映では、ゾンビ映画に親しみのあるアメリカ人らしく前半から大きな笑いが起き、『カメラを止めるな!』の本領発揮となる後半では手を叩き大声で笑う賑やかな上映となりました。

観客の一人、ハリウッドの映画業界で働くアメリカ人夫婦は、
「友人に誘われて映画について何も知らずに来場したけれど、映画を観てこんなに笑ったのは久しぶり。今年一番の映画だよ!」と語っています。

また、ハリウッドで映画「ボーン・レガシー」やドラマ「ジ・アメリカンズ」、HBOドラマの「Succession」に出演している俳優のロブ・ヤングも友人を伴い鑑賞しました。
「日本人の俳優友達から誘われて観にきたよ。思いもよらない展開に大笑いだった」と語っています。

関連画像

米映画批評サイトRotten TomatoesのTomato Meter(批評家・一般からの評判により映画の新鮮度=おすすめ度が表される指標)では、米国公開前の作品としては異例の100%Freshを記録しています。
ハリウッドのお膝元ロサンゼルスでも、映画関係者による口コミが広がり「カメラを止めるな!」旋風が巻き起こるかもしれません。



最後に…

超異色の色物映画だと思われていた「カメラを止めるな!」が異例の大ヒット作となっています。

今までのゾンビ映画、スプラッタ映画のイメージを変える作品になっているのではないでしょうか。

そしてきっと観たすべての人が笑って帰る素敵な映画なのだと思います。

上映している劇場一覧はこちらで確認できます!
是非お近くの映画館で見てみてください!

関連:超異色映画「カメラを止めるな!」が超名作ゾンビ映画だった

木村拓哉×長澤まさみ!「マスカレード・ホテル」

どうも!アラハタです!

2019年1月19日公開予定!
木村拓哉×長澤まさみによる東野圭吾原作のマスカレード・ホテル。
今度のキムタクはホテルマンです!

早速特報映像が公開されているのでチェックしてみましょう!



マスカレード・ホテルとは…

「マスカレード・ホテル」の画像検索結果

検事や総理大臣、天才外科医、SPなど様々な役柄をこなすキムタク。
今回は初の刑事役です!
長澤まさみはホテルマン役での出演となります!

東野圭吾の原作「マスカレード・ホテル」はシリーズ累計275万部を突破した「マスカレード」シリーズの第1作、先日最新作、「マスカレード・ナイト」も発売されました。

発売から6年の歳月を経て木村拓哉×長澤まさみという名キャストで実写化となります。

キムタクは今作が東野圭吾原作作品の初出演。
キムタクと東野圭吾はどんな化学反応を見せてくれるのでしょうか!

あらすじ

東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。
事件現場に残された不可解な暗号から、
3つの事件は連続殺人事件として捜査される。
警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を
予告するものであると解読し、
第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」
で起こると推測する。

数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為
フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、
不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、
不審な宿泊客を監視する事を強いられる。
捜査一課の刑事・新田浩介は、
英語ができる帰国子女であることから、
同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、
新田の補佐・教育係には、
優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。

立場も職業倫理も異なることから、
潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、
共にホテルマンとして、
時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、
日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、
二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。
そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、
ある特別な1日が始まった。

引用:Wikipedia

コメント

木村拓哉 / 新田浩介役

新田の職業は刑事ですが、今回は潜入捜査であり、
ホテルマンでもあるので、
そのバランスが非常に面白いと思っています。
ホテルマンの制服に袖を通すと、
自然と背筋が伸び、この作品に関わっている間は、
ずっと姿勢が良いと思います(笑)
長澤さんは非常に表現豊かな方なので、
どのようなシーンを一緒に構築できるかと
楽しみにしています。
「マスカレード・ホテル」という非常に面白い原作を、
如何に自分たちが体現できるかプレッシャーはありますが、
全力で頑張ります。

引用:公式HP

長澤まさみ / 山岸尚美役

原作を読んで、刑事とホテルマンの心情に
ハラハラドキドキしてあっという間に読んでしまいました。
仕事に対して真摯に付き合う姿勢は、
今の自分にとても響きました。
山岸尚美という役は、
正義感が強いのが彼女のプライドだと思うので、
それを意識して演じたいと思います。
また木村拓哉さんとは映画本編で共演するのは
初めてなので、とても楽しみです!

引用:公式HP

監督:鈴木雅之

ホテルという世界を想像する事は
ものを作る気持ちを刺激します。
それはそこに集まる得体の知れない人々がいるからで、
今回はとても怪しくチョイと魅力的な人々がやって来る、
そのことにワクワクします。
そして、その最たる人が刑事です。
そんな刑事とホテルマンという
我々が想像するには水と油な二人が、
お互いを知っていく事や、
マスカレードと言う”仮面の世界”の面白さと
その仮面の内側を知る事の喜び、
そんなところが今回の楽しみなところです。

引用:公式HP



最後に…

コメント書いてて思いましたが、
監督:鈴木雅之は独特な方ですね。

話している内容や、言葉の選び方に怪しさを感じます。
それは今作に合わせたものなのかもしれませんが、
ちなみに鈴木雅之氏はHEROの時にチーフディレクターだったりとキムタクとの付き合いは古いです。

兎にも角にも来年頭(2018年1月19日)に公開予定の「マスカレード・ホテル」

間違いなく魅力的なキャラと、
東野圭吾ワールド前回の作品。

非常に楽しみです。まだ半年先ですが、楽しみに待ちたいと思います!

ポスト新海誠!1人5役の天才監督「アラーニェの虫籠」

どうも!アラハタです!

かの有名な新海誠監督が「ほしのこえ」という短編映画で演出、作画、編集などほとんど一人で手掛け作っていたのはご存知でしょうか。

最近はそのような”自主製作”アニメ映画が増えてきました。
それも、デジタル技術が発展し、作業が楽になったことも要因のひとつでしょう。

しかし、やはり作業が楽になったと言っても大変な作業であるのは間違いないのです。自主製作の作品はほとんどが短編~中編。
いきなり長編なんて…と思っていたら出ました!

坂本サクが監督・アニメーション・原作・脚本・音楽と一人5役をこなした長編アニメーション映画「アラーニェの虫籠」が8月18日より東京・池袋シメ・リーブルをはめじ全国順次ロードショーされます!



アラーニェの虫籠とは…

「アラーニェの虫籠」の画像検索結果

坂本サクは、西島秀俊主演のドラマ「MOZU」のイラスト&アニメーションや、押井守監督作「イノセンス」のデジタル・エフェクト、NHK「みんなのうた」、水樹奈々・友近が声優を務めたROBOT製作アニメ「マッツとヤンマとモブリさん」などの監督を務める新進アニメーション作家です。

“独特の表現技法”を駆使した“イマジネーションの豊かさ”と“幻想的で透明感あふれるアニメーション映像”から内外で絶賛され、作品はロッテルダム国際映画祭など10以上の海外映画祭で上映されています。

アラーニェの虫籠は、<超絶絵師>とも呼ばれる坂本サクが「パーソナルな製作だからこそ可能なアニメーション表現」を駆使して、たった一人で制作する劇場用ハイクオリティ・アニメーション映画です。

今作は、過去に類を見ない挑戦で、監督・アニメーション・原作・脚本・音楽の一人5役を60分を超える長編アニメ―ションで行いました。

あらすじ

郊外の工場跡地に建つ巨大集合住宅。
最近では、女子高生の変死体が発見され、
不可解な心霊現象が目撃されるなど、
いわくつきの噂が絶えない場所だった。

ここに引っ越してきた、気弱な女子大生りんは、
ある夜、救急車で搬送される老婆の腕から
大きな虫が飛び出るのを目撃する。

虫のことが気になったりんは図書室で調べる内、
民俗学者の時世と出会い、過去にもこの地域で、
奇妙な虫の目撃例が多発していたことを知る。

それは“心霊蟲(しんれいちゅう)”と呼ばれ、
古来から人知れず存在していたという。
 “虫”を見た者の中には、不気味な予兆と共に、
変死を遂げた者も少なくないため、“虫の呪い”ともいわれた。

呪いの恐怖におびえる彼女は、
不思議なオーラを放つ中学生、奈澄葉や、
呪術師の斉恩らとの出会いを通して、
自らも蟲や怪異の正体に迫っていく。 

しかし、それはりん自身が、
封印された過去と向き合うことを意味していた……。  

果たして、りんを待ち受ける運命とは!?
そして建物に隠された驚愕の真実とは!?

引用:公式HP



坂本サク

2000年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
短編アニメ「摩訶不思議」(’00)、「フィッシャーマン」(‘02)が「広島国際アニメーションフェスティバル」に入選、「キリンアートアワード」優秀賞を受賞したのを始め、内外のコンテスト、映画祭で多数受賞。ロッテルダム国際映画祭など海外の十以上のフェスティバルで紹介されています。

 2002年よりフリーランスのアニメーション作家として、ショートムービー、TVのタイトル映像や、CM、PV、映画のVFXの制作、アートディレクション、演出の仕事に携わります。

 近年の主な作品として、西島秀俊主演のドラマ「MOZU」のイラスト&アニメーション、押井守監督作「イノセンス」のデジタル・エフェクト、NHK「みんなのうた」(『花風車の森』『風を連れて』『七つの海』)の監督、愛媛県松山市PRオリジナルアニメで、水樹奈々・友近が声優を務めたROBOT製作アニメ『マッツとヤンマとモブリさん~七つの秘宝と空飛ぶお城』『マッツとヤンマとモブリさん2~水軍お宝と謎解きの島々』などの監督を手がけています。



コメント

原作のないオリジナル作品が世の中に出るのは
とても困難な時代である中、
今オリジナル作品をカタチにしてみせる意義は
とても大きいと思います。

それにも増して「長編アニメを一人で制作する」ことを
考えたのは理由があります。
もともと自分がアニメーションの世界に
魅了されるきっかけになったのが
海外の短編アニメーションでした。
時に商業アニメと区別するため「アートアニメーション」
と呼ばれるジャンルです。
「アート」と名前がつくと、特に日本では
「気難しい荒唐無稽なものを見せられる」
印象が強いようですが、むしろそういった作品は少ない。
ぶっ飛んだユーモアで笑わせることに徹したものや、
人間技とは思えない技法の絵世界で
アニメーションの可能性を感じさせるもの、
既成の物語の方法論にとらわれない瑞々しいアイデア、
発想など、それらは自分が勝手に考えていた
アニメの枠組みを大きく広げてくれました。
そこには「こうでなくてはダメなのだ」
という既成概念がなく、圧倒的な自由を感じました。
何より直感力や感性をむき出しにした表現の凄さがあり、
そうした映像を可能にしているのは、
個人作家が(たいていの場合)一人で制作している
背景があるからだと思います。
分業化しないことから生まれる直感的な絵作りは
計り知れない可能性を秘めています。
自分自身も、魅了された映像表現の凄みを
できるだけ損なわず、頭の中にあるイメージを
より新鮮な状態で調理できる環境が、
実際の仕事の経験を積み重ねた上で
突き詰めていくと「一人で制作すること」でした。
エンターテイメントに徹したものにしようと思う
本作品にもそうした土台があることは間違いありません。
 
今回、小説家であり脚本家であり映画監督であり
ホラーというジャンルにこだわり続ける福谷修さんが
製作・プロデュースを買って出てくださった
大きな助けを得て、あと一歩で奇跡を起こせそうな
段階まで進むことができました。
福谷さんとの綿密な打ち合わせは、
ビジネスライクな側面もありながらも直感力と感性を
ぶつけ合うことのできる
クリエイティブな熱を持った理想的なものです。

「アニメーションは一人で作れない」という
事実が本当にあるとすれば、それは作画のスタッフが
必要とか美術のスタッフが必要とか、
そういった物理的な意味ではなく、
この打ち合わせのように刺激され影響を受け、
創造力をぶつけ合える人間に出会えないと、
いいものは生まれないという意味ではないかと考えます。
そして2人ともこれは面白い試みになると確信しております。
そう思う理由は、ビジネスの現場では
何の根拠にもならない言葉をあえて使えば
『勘』であることにつきます。

「アラーニェの虫籠」 
原作・監督・脚本・アニメーション・音楽  坂本サク

引用:公式HP



最後に…

坂本サクという名前をアラハタは知りませんでしたが、
このような絵は観た事がありますね。

きっと知らずのうちに目にしてたのではないでしょうか。

彼はすでにクリエイターとしてある程度の地位を築いてきた人です。
そんな彼がおそらく人生で一番時間をかけて製作したのが本作でしょう。

「カメラを止めるな!」等のように超若手新人が作った映画ではなく、
現場も知っている人間が挑戦したことがすごいのではないでしょうか。

関連:超異色映画「カメラを止めるな!」が超名作ゾンビ映画だった

グロテスクな表現も多いですが非常に楽しみなホラー映画になりそうですね。
夏、2018年8月18日ロードショーです。

岡田准一血まみれ!?「来る」特報映像公開!

どうも!アラハタです!

超豪華出演者でのホラー映画「来る」の特報映像などが公開されました!

早速特報映像はこちら!



来るとは…

「来る 岡田准一」の画像検索結果

なんとも直球なタイトルですね。
何かが来るということだけは一発でわかります(笑)

「告白」の中島哲也監督とV6岡田准一の初タッグ作品となります。
岡田准一をはじめ、黒木華、小松奈々、松たか子、妻夫木聡と中堅超有名俳優、女優がそろい踏みです。

「第22回日本ホラー大賞」を受賞した澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」に基づく作品です。

愛妻・香奈(黒木華)が妊娠し、幸福絶頂の秀樹(妻夫木聡)のもとに現れた謎の訪問者を巡り、フリーライターの野崎(岡田純一)、その恋人で霊感を持つ真琴(小松奈々)と姉の霊媒師・琴子(松たか子)らが惨劇に巻き込まれていきます…。

日本の代表ホラー作「リング」の貞子を超える恐怖だとか…

コメント

岡田准一/野崎役

今回、初めて中島哲也監督とお仕事させて
いただくことを光栄に思っております。
同世代の妻夫木聡さん、
初めてご一緒させていただく
松たか子さん、小松菜奈さん、
何度かご一緒させていただいている黒木華さん。
皆様と中島監督の世界でお芝居ができることを
今から楽しみにしております。
中島監督のホラーということで、
怖くて脚本を読むのも大変ですが、
作品の中で野崎として
生きていけるように頑張ります。

引用:公式HP

黒木華/田原香奈役

今回の香奈という役は、自分にとって大変大きく
今までにない挑戦になります。
難しい所もあると思いますが、監督と、
共演の方々と共に、自分に無いものと
在るものも含めて、
最大限に楽しめればと思います。

引用:公式HP

小松奈々/比嘉真琴役

中島監督とは私が女優として映画初出演の
「渇き。」以来になります。
再び中島監督とお仕事出来ることは
嬉しさと怖さがあるのは正直な気持ちです。
今回私が演じる真琴は、
一風変わったキャラクターですが強さと弱さ、
正義感、女性らしさを兼ね備えた
とても人間味ある人だと思いました。
また内面の役作り含め、
今回はビジュアルも監督はじめスタッフの方々と
相談しながら作りあげたので、
現場に入って監督、共演者の方々と
共存する中でどんな真琴が生まれるか
今からワクワクします。
そして、
真っ直ぐぶつかっていきたいと思います。

引用:公式HP

松たか子/比嘉琴子役

中島監督に再び声をかけていただき、
嬉しい気持ちと、何をどうすればいいのか
わからない思いの両方で胸がいっぱいです。
でも、魅力的な出演者の皆さんと
ご一緒できることを、本当に楽しみにしています。
撮影が始まるまでに、ゼロになることを恐れず、
今のこのいっぱいな心をからっぽにして、
現場に向かいたいと思います。

引用:公式HP

妻夫木聡/田原秀樹役

中島監督がみせるホラーとはどういうものか、
僕自身とてもワクワクした気持ちでいます。
中島監督の作り上げる世界は幻想的でもあり
現実的でもあり、いろんな感情が
渦巻いたその世界の中で生きることを
いつも楽しませて頂いています。
本当に怖いものはもしかしたら…と
思うような結末は新しいホラーの形となることを
確信しています。
楽しみにしていてください。

引用:公式HP



最後に…

まだまだ情報が少ないですが、
真夏の暑い時期に少し、涼しくなるニュースでした。

「告白」でもタッグを組んでいた中島哲也監督と川村元気氏のタッグ作品というのも楽しみですし、
何より中島哲也監督は、前作「渇き。」から4年ぶりの最新作です。
彼がため込んだパワーがいかにして発揮されるのか、
「来る」をみて、自分の目で確かめたいですね。

2018年12月7日公開予定。
寒い時期にもホラー映画はいかがでしょうか。

マーベルだけじゃないDCも本気!「スーパーガール」映画化準備中!

どうも!アラハタです!

マーベル・コミックスではなくDCの「スーパーガール」の映画化準備が進んでいるとアメリカのDeadlineが報じました!

アメコミの代表といえばマーベル・コミックスを頭に浮かべる人も多いかと思います。
アベンジャーズやアイアンマンなど、日本で大ヒットしたマーベル・コミックス作品は非常に多いですしね。
最新作もどんどん出してますからね!

ただ、マーベル・コミックスと並ぶ2大アメコミ出版社DCコミックスも負けていません。

バットマンやスーパーマンを輩出してきたDCコミックスが、
スーパーガールの映画化を準備しています!



スーパーガールとは…

「スーパーガール」の画像検索結果

「SUPERGIRL/スーパーガール」はDCコミックスのキャラクター、スーパーガールを主人公にした物語です。

テレビドラマとして放送されてきましたが、今回映画化の準備中とのことです。

かつて、ヘレン・スレイター主演で1984年に公開されました。

今回もDCコミックスの作品を次々と映画化しているワーナー・ブラザーズから「クローバーフィールド・パラドッグス」のオーレン・ウエジルに脚本執筆を依頼しての映画化となりそうです。

あらすじ

クリプトン星の崩壊から脱出したクリプトン人の
カーラ・ゾー゠エルは地球へたどり着き、
ダンバース夫妻に保護され
義理の姉のアレックスと共に育てられる。
成長したカーラは地球人として
ナショナル・シティのキャットコー・メディアで働きながら
日々を過ごしていたが、アレックスが巻き込まれた
飛行機事故を自身の超人的な力を使って
防いだのを切っ掛けに存在が世間に知られ、
上司のキャット・グラントからは「スーパーガール」と
名付けられる。
カーラは自身の能力が人々のために役立つことを実感し、
さらに有意義なものにするため
スーパーガールとして活動を始める。
アレックスが働くD.E.O.(英語版)(特異生物対策局)の
責任者であるハンク・ヘンショウと出会い
協力すようになると、スーパーガールは
様々な脅威と対峙することになる。

引用:Wikipedia

テレビドラマ版

シーズン1、2、3と放送される大ヒット作です。

メリッサ・ブノワが演じるスーパーガール
非常に美しく強い女性です。

スーパーマンのいとこであり、スーパーマンをサポートするために送り込まれたクリプトン人。

ヒーローとしては新米、最初は張り切り過ぎて空回り、事態を逆に悪化させることも多いです。
正義感が強く困っている地球人を見過ごせない反面、周りの静止を振り切り、危険に飛び込む事もしばしばあります。
スーパーマンにも劣らない能力の持ち主だが、経験不足から活かしきれない場面もあります。
女の子らしい一面もあり、スイーツをよく食べているキャラクターです。

メリッサ・ブノワ

「メリッサ・ブノワ」の画像検索結果

1988年10月4日産まれ、アメリカ合衆国コロラド州出身の女優です。

「glee/グリー」にマリー役で出演し、一躍注目を集めた美女です。

美しく強い、しかし空回りしたり、女の子らしさも溢れ出るスーパーガールというキャラクターをしっかりと演じ切る演技派でもありますが、もしかして本当にそういう女性なんじゃないかと思わせられます。

あどけなさも残しつつしたたかな女性のイメージが強いです。



最後に…

テレビドラマシリーズのスーパーガールは大ヒットをしています。
DC原作映画のスーパーマン誕生をヘンリー・マビル主演で描いた「マン・オブ・スティール」を皮切りに、DCエクステンデッド・ユニバースという物語の世界を広げてきました。

しかし、「ジャスティス・リーグ」が製作費、広告費に対して、世界興行収入が少なく、赤字を記録したため、方針を転換し、DC映画のトップに就任したばかりのウォルター・ハマダ氏が舵を取ることになりそうです。

マーベル・コミックスだけでなくDCコミックスの魅力を日本中、世界中に知らしめる作品になればいいですね。
どうかこけないでほしいところです。(笑)

シャイア・ラブーフ最新作「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

どうも!アラハタです!

アラハタ一押し俳優”シャイア・ラブーフ”最新作

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

8月31日公開予定です!



ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男とは…

あらすじ

テニスブームに沸く 1980 年、
対極的な2人のスタープレイヤーの戦いに
世界中が熱狂していた。
5度目のタイトル獲得を目指す冷静沈着な美しきボルグと、
短気で荒々しい悪童マッケンロー。
トップを走る2人が極限の精神状態で挑んだ、
熱狂と興奮の試合。 
生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、感動の実話。

引用:Filmarks

伝説の試合の実話をもとにした映画です。
テニスの映画珍しいんじゃないでしょうか。

クールな男ボルグと悪童マッケンローの2人の戦い。
マスコミにも伝わらない想いがこの熱狂をうみました。

ボルグは、まるでハリウッドスターのような人気を誇るテニス選手がでした。
1976年に20歳の若さで、テニスの聖地ウィンブルドンで初優勝を果たし、その彫刻のように美しいヴィジュアルと神がかったプレイで、テニスに興味のなかった人々さえも虜にしました。
それからも快進撃は続き、ウィンブルドンで4連覇を達成し、コンピューターのように冷静沈着なその立ち居振る舞いから“氷の男”と呼ばれ、絶対王者として君臨していました。

そんなボルグの5連覇を阻止するべく現れたのが、類稀なる才能を持ちながら、納得のいかない判定に怒り狂って審判に野犬の如くかみつき、“悪童”とバッシングされたジョン・マッケンローです。
1980年、エレガントなプリンスとワイルドな野生児が、ウィンブルドン決勝戦でぶつかり合いました。
彼らが自らの人生のすべてを注ぎ込んだ3時間55分の名勝負と、そこに至るまでに少年時代から精神と肉体を極限にまで鍛えてきた驚愕の道のりの映画化となります。

シャイア・ラブーフ

シャイア・ラブーフのインタビュー動画です。
アラハタは完全にシャイア・ラブーフ贔屓なので彼の話を。

尊敬する父親に認められたいと思いながら、
感情をコントロールできないまま大人になってしまったマッケンローの怒りや切なさを体現したシャイア・ラブーフは自信の姿と重ねるようにこう語りました。

「マッケンローのすべてに親しみを感じる。理解できるんだよ」

「大騒ぎしている試合がたくさんあるけど、
 彼は完璧を強く求める男なんだ。
 そんな性格を背負って生きるのは簡単じゃないよ」

引用:映画ナタリー

また、シャイア・ラブーフはマッケンローを型破りな巨匠と語り

「とても独特で我が道を行く人。
 ただテニスをしているだけなら、
 ここまで長けることはないよ。
 完全に取り憑かれている芸術家のよう。
 マッケンローはアマデウスだ。
 モーツァルトだ」

引用:映画ナタリー

上記のようにマッケンローを讃えています。

共通点と言っていいのか悪いのかわかりませんが、
実はシャイア・ラブーフも悪童です(笑)

今まで起こしてきたトラブルは数知れず。
感情をあらわにしていることも多々あります。

シャイア・ラブーフは映画の世界だけでなく、実生活でも相当破天荒です。

関連:シャイア・ラブーフという人間の魅力に迫る!代表作3選!

マッケンローに自分との共通点を見た シャイア・ラブーフ

マッケンロー役は、シャイア・ラブーフに依頼された。
ラブーフは、マッケンローの人となりをこう分析する。
「彼は巨匠だよ。型破りで、我が道を行く人だ。
 目的を持って生きていて、他者とのコミュニケーションにも
 その目的を利用する。偉大な芸術家や音楽家と同じで、
 完全に取り憑かれている。まるでモーツァルトだね」
そんなラブーフがオファーを引き受けた一番の理由は、
メッツ監督と仕事をしたかったからだと振り返る。
「マッケンローには興味があったけれど、
 コメディスタイルの派手なキャラクター設定なら、
 上手くいかないだろうと思っていた。
 でも、監督にヤヌスの名前が挙がっていて、
 それなら大丈夫だと思った。
 ヤヌスのセンスやスタイルは知っている。
 脚本を読んで、ヤヌスが本気だとわかったから、即決したね」 
グドナソンとは違って、ラブーフはマッケンローに
多くの共通点を見出したと語る。
「マッケンローのすべてに親しみを感じる。
 理解できるんだ。彼は太陽に要求を突きつけた男だ。
 オレがちゃんとやろうっていうんだから、
 お前もそうしないと許さんぞ、みたいなね。
 大騒ぎをしている試合がたくさんあるけれど、
 彼は完璧を強く求める男なんだ。
 自分はもちろん、周りのみんなの完璧さもね。
 彼は理由もなく叫んだりすることはなかった。
 不当な扱いを受けたからだ。
 つまり、正義の叫びだ。
 マッケンローは理想を追求する男だ。
 そんな性格を背負って生きるのは、簡単じゃない」 
そのためラブーフは、
「叫び、怒り、激情にリアルに身を任せることが必要だった」
と振り返る。
「実在の人物になることは、
 ただのモノマネになってしまう可能性と隣り合わせだと
 自覚しながらね」

引用:公式HP(PRODUCTION NOTES)



最後に…

ただのテニス映画にあらず。
伝説の試合を通してのヒューマンドラマです。

なぜボルグが氷の男なのか、なぜマッケンローが悪童と呼ばれるのか。
その真意を深く深く追求できる作品になると思います。

全力で感情をあらわにするシャイア・ラブーフの演技は間違いなく必見です。
彼の喜怒哀楽の表現はほんとに多彩で。観る者を引き込みます。

2018年8月31日テニス界の伝説がスクリーンへ

平成最後の8月末に「アントマン&ワスプ」公開!

どうも!アラハタです!

マーベル・スタジオ最新作「アントマン&ワスプ」が2018年8月31日に日本公開されます。

マーベルシリーズ史上最も小さいヒーローと最も小さいヒロインの物語です。



アントマン&ワスプとは…

「アントマン&ワスプ」の画像検索結果

小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5センチの
最強コンビによる痛快バディ・アクション・ムービー!

頼りなさすぎるヒーロー<アントマン>と、
完璧すぎるヒロイン<ワスプ>──ふたりの前に、
すべてをすり抜ける神出鬼没の
謎の美女<ゴースト>が現れ、
アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。
敵の手に渡れば、
世界のサイズが自在に操られてしまう!? 
さらに、金目当ての武器ディーラーの襲撃や、
アントマンを監視するFBIの追跡も巻き込み、
人や車、ビルなど全てのサイズが
変幻自在に変わる“何でもアリ”の大騒動に!
ユニークなパワーと微妙なチームワークで、
アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を
守り切れるのか?

引用:公式HP

マーベル・スタジオの映画は陽気な話とシリアスな話で大きく分かれると考えています。

ちなみにアントマンシリーズは陽気な話。
実はアベンジャーズインフィニティ・ウォーでアントマンを出演させる話も出ていましたが、参加させなかった理由として、この陽気さが1つの要因です。

シリアスな展開のアベンジャーズインフィニティ・ウォーには合わないと判断されました。

キャラクター

スコット・ラング/アントマン

ツキに見放されたバツイチ、無職の前科者。
人生のセカンドチャンスをつかむため、
身長1.5㎝のヒーロー、アントマンに。
小さくなることで超人的なパワーを発揮。
世界を救うなどという野望は抱かず、
成り行き上、必要とされたときに戦う、
ヒーロー史上、類まれな頼りなさすぎるヒーロー。
自分とは真逆のホープとコンビとなって
研究所争奪戦に身を投じる。

引用:公式HP

ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ

アントマンとワスプのスーツを創り出した
天才科学者ハンク・ピムの娘。
自らも優秀な物理学者で、
父の研究パートナーを務める。
知的で気が強く、身体能力抜群という、
ヒロインとしての完璧な適性の持ち主。
ついに”ワスプ”となって母を捜しに量子の世界へ!?
彼女とは何もかもが正反対の
頼りなさすぎるヒーロー、
アントマン=スコットをパートナーに、
研究所を守るミッションに踏み出す。

引用:公式HP

ハンク・ピム博士

ホープの父親で、アントマンやワスプのスーツを
創り出した天才科学者。
かつて、スコットをヒーロー<アントマン>に導いた。
数年前、身体を縮小させるピム粒子を発見し、
自ら“アントマン”となった過去を持つ。
初代ワスプとして共に活動していた妻
ジャネットを任務中に失い、
“量子の世界”から妻を捜し出すための
極秘テクノロジー開発に勤しむが、
研究所をゴーストに狙われる・・・。

引用:公式HP

ジャネット

ピム博士の妻であり、ホープの母親。
かつて、ピムと共に、
初代ワスプとして活動していた。
任務中に
“量子の世界”に迷い込んだままとなっている。

引用:公式HP

ゴースト/エイヴァ

身体を自在に消し、どんなものでも
すり抜ける能力と驚異の破壊力を持つ、
神出鬼没の謎の美女。
普段は普通の女性エイヴァとして生活している。
ハンク・ピム博士との間には、
何らかの因縁があるらしい。
ある目的から、“アントマン誕生の秘密”が
隠されたハンクの研究所を狙う。

引用:公式HP

ビル・フォスター

かつてハンク・ピムとジャネットの
研究仲間だった科学者。
ハンクとは互いに尊敬し合う仲だったが、
とある共同実験にまつわることから友情が壊れ、
ある種の恨みを抱き合う関係に。
“量子の世界”からジャネットを捜し出すという
ハンクの計画に、不承不承ながら巻き込まれていく。

引用:公式HP

キャシー

生意気で大人びた態度も可愛いスコットの9歳の娘。
両親の離婚によって、
ママのマギーやそのパートナーである
パクストンと暮らしているが、
パパとも会うことができる環境にいる。
どんな時でもパパのことが大好き。
スコットが再びアントマンとなって活躍できるよう
パパのために願っている。

引用:公式HP

ジミー・ウー

スコットを監視するFBI捜査官のチーム・リーダー。
生真面目すぎて空回りすることも。

引用:公式HP

バーチ

ブラックマーケットで暗躍する武器ディーラー。
金目当てで“アントマン誕生の秘密”が
隠されたハンク・ピム博士の研究所を狙う。

引用:公式HP

ルイス

スコットの友人で、陽気で楽しく、気のいい男。
おしゃべりで、
要点になかなか到達しないことが欠点。
アントマンとなったスコットの
忠実な協力者として冒険を共にした経験を持つ。
泥棒だった経験を生かして、
スコットとともに警備会社
”エックス・コン・セキュリティ”を設立、
社長業にいそしむ。

引用:公式HP

マギー

スコットの別れた妻。
娘のキャシーや今の夫パクストンと
ともに暮らしている。
相変わらず頼りないスコットに
少々あきれ気味だが、スコットを含む4人の
ユニークな“家族関係”を大切にしている。

引用:公式HP

パクストン

マギーの現在の夫で警官。
以前は、トラブル・メーカーとしてしか
スコットを見ていなかったが、
アントマンとしての活躍とキャシーへの
献身的な愛情を知ってからは、良好な関係に。
互いにキャシーの父親としての
立場を尊重し合っている。

引用:公式HP

カート&デイヴ

スコットとルイスの泥棒仲間。
今はルイスの経営する
エックス・コン・セキュリティで働く。

引用:公式HP

ざっくりとキャラクターを紹介しましたが、
マーベル・スタジオの良いところが出てますね。
脇役、敵役も魅力的なキャラクターがそろっています。

特に本作の敵「ゴースト」なんてとても魅力的です。

ヒーローにもなり得そうな能力を持ち、美しい容姿を兼ね備えたキャラクターです。

ブラック・ウィドウのように、そのうち自身が主役の映画も出るかもしれませんね。

関連:待ってました!ブラック・ウィドウ単独映画2020年公開!?



最後に…

アリとハチ。
アントマン&ワスプは2018年8月31日に公開予定です。

まだまだマーベルシリーズ的には人気、注目度、知名度が低いですが、ユーモアたっぷりなヒーローアクションとして、しっかりとした作品です。

ワスプとゴーストが美人なのでそれを見ててもワクワクしますよ(笑)

情けない男がヒーローになるというありがちな話な部分もありますが、王道を行く作品として必見です。

平成最後の夏。
8月31日は映画館で量子の世界へ!