有村架純主演「コーヒーが冷めないうちに」9月21日公開!

どうも!アラハタです!

有村架純主演
塚原あゆ子監督
「コーヒーが冷めないうちに」2018年9月21日公開予定です!

「コーヒーが冷めないうちに」の画像検索結果

コーヒーが冷めないうちにとは…

「コーヒーが冷めないうちに」は川口俊和が書いた感涙小説で、”本屋大賞2017”にノミネートされ、「4回泣ける!」と評判を呼んでいる作品です。

その、「コーヒーが冷めないうちに」が実写映画化され、主演に有村架純が起用されるようです。

その他のキャストも豪華で、

  • 健太郎
  • 波留
  • 林遣都
  • 深水元基
  • 松本若菜
  • 薬師丸ひろ子
  • 吉田羊
  • 松重豊
  • 石田ゆり子

などが出演します。

「コーヒーが冷めないうちに」は最初は川口俊和が主宰する劇団で舞台として公開され、演劇界で話題を呼びました。
第10回杉並演劇祭大賞を受賞し、その後、2015年に小説化しました。

古き良き昭和の時代から続く喫茶店を舞台に、“過去に戻れる喫茶店”で起こる4つの心温まる奇跡を描く本作。
そこに集う人々が巡り合う奇跡を描き、2017年に刊行された続刊「この嘘がばれないうちに」を含めたシリーズ累計発行部数は、現在84万部を突破するベストセラーとなりました。

有村架純起用の理由

〇本作制作陣の有村架純について…

「新しいタイプの、そして少々チャレンジな
 要素を秘めた作品に取り掛かろうとするとき、
 必ず、有村さんの姿が頭をよぎります。
 「ビリギャル」の時もそうでした。
 あの柔らかくも繊細な女優さんから
 突然放射される熱く心にしっかり突き刺さってくる
 お芝居の力と彼女にしかない女優力で
 いろいろな感情を掻き立てワクワクさせてくれる
 エンタテイメント力には常に魅せられてきました」

引用:modelpress

〇起用の理由

「彼女はきっと大人の世代にも若い世代にも、
 この作品に込められた様々な想いを楽しく
 増幅して届けてくれると思い、
 この役をお願いしました」

引用:modelpress

有村架純

「有村架純」の画像検索結果

1973年2月13日産まれ、正午件伊丹市出身の女優です。
様々な役をこなしつつも、彼女らしさが必ず作品にいい傾向をもたらす不思議な方です。
主張はするけど邪魔をしない。役者として大事な事ですよね。

代表作

  • ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-
  • リトル・マエストラ
  • ストロボ・エッジ
  • 映画 ビリギャル
  • 夏美のホタル
  • 3月のライオン
  • etc…etc…

コメント

「ある喫茶店に勤める、普通にしてどこか孤独な
 掴みどころのない女性を演じます。
 自分が淹れるコーヒーで、人を過去に戻すことができる。
 自分にしかできない自分の仕事を、
 彼女はどう感じているのか、人々の人生に触れるたび、
 自問自答しながら彼女の瞳の奥にあるものが見えるように、
 繊細に紡いでいければいいなと思います。
 素晴らしい役者の皆さんと影響し合い、
 素敵な作品となるよう、頑張ります。」

引用:modelpress

塚原あゆ子

埼玉県久喜市出身のテレビドラマ演出家であり、プロデューサーです。

ドラマの演出は非常に多いのですが、映画監督は初になります。

映画監督デビュー作として気合も入るのではないでしょうか。

コメント

「-1杯のコーヒーが冷めるまでの、
             ほんの短い時間でも、人生は変わる-
 
 恋人、夫婦、姉妹、親子。誰もが共感できる、
 優しい人間ドラマが詰まった原作です。
 更に映像ならではのエンタメと個性豊かなキャストの笑いと涙を、
 丁寧に詰め込 みたいと思います。
 ぜひ、大切な人と観に来て下さい。」

引用:modelpress

川口俊和

1971年生まれ、大阪府茨木市出身の脚本家です。
「コーヒーが冷めないうちに」小説デビューをし、大ヒットを記録しています。

コメント

「22歳から舞台の演出家として活動してきた僕にとって、
 自分の作品が映画になることは、夢ではありましたが、
 まさか現実になるとは思いもよりませんでした。
 この小説を愛してくださった読者の皆様と、
 本を店頭に並べていただいた
 全国の書店員の皆様の熱い想いのおかげだと思っています。
 でも、もしこれが「夢」なのだとしたら、
 せめて銀幕で流れるエンディングを見届けるまで
 冷めないでほしいです。」

引用:modelpress



最後に…

本作は小説デビューの川口俊和と映画監督デビューの塚原あゆ子と、
デビュー同士で大丈夫なのかと思うところもありますが、

実際二人ともキャリアは素晴らしいものです。
長年演出家脚本家をやってきた方々が新たな挑戦をした作品。

そして、そこに起用される主演”有村架純”
若手だが実力もキャリアもあり、
新しい時代を作っていく1人の役者です。

本作は実は新しいことだらけ。そして挑戦だらけです。

「4回泣ける!」とまで称賛された作品が、映画化してどうなるのか、非常に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください