超異色映画「カメラを止めるな!」が超名作ゾンビ映画だった

どうも!アラハタです!

日本で撮影する低コストゾンビ映画「カメラを止めるな!」
全く新しい手法のゾンビ映画と話題になっています。

「カメラを止めるな」の画像検索結果



「カメラを止めるな!」とは…

2018年6月23日に新宿のK’s cinemaで初日を迎えました。
本作で長編映画デビューの新進気鋭監督「上田慎一郎」が撮影した本作は、国内外の映画祭で観客を熱狂の渦に巻き込み話題を呼んでいます。

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟で
ゾンビ映画を撮影していた。
本物を求める監督は中々OKを出さず
テイクは42テイクに達する。
そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!
大喜びで撮影を続ける監督、
次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
映画史をぬり変えるワンカットゾンビサバイバル!
……を撮ったヤツらの話。

引用:Filmarks

予告編も見ると最初はチープなゾンビ映画か…と思いますが、
それを撮ったヤツらの話です。

ワンカット37分長回しゾンビ映画なんて誰が得するんだこんなマニアックなもの…ってみてたんですが、そういう映画ではなかったようですね(笑)

予告編ではゾンビ映画を撮ろうとしている人たちが実物のゾンビに襲われるというゾンビ映画を撮っている人たちの話…という風に予告されるのですが、
今何が起きてるのかわからなくなる不思議な感覚があります。

特にゾンビ映画やパニック映画は良くも悪くも裏切りがありますからね。
もしかしたらそれを撮ってるのがまたゾンビ感染して…なんてこともありそうです。

新人監督・無名俳優

監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品になります。
短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督
待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られました。

公式HPよりキャスト情報を引用します。

日暮隆之役 濱津隆之

Picture

1981年生まれ、埼玉県出身。
芸人、DJという経歴を経て、
2011年、30歳を手前に役者の道へ。
以降、舞台を中心に活動。
おもな出演作に
2015年
「アジェについて」(今泉力哉)
「アイアイアイ」(トリコロールケーキ)
2016年
「野鳩」(野鳩)
2017年
「不謹慎な家」(MCR)
テアトロコント vol.15/ミズタニー
2018年
SCOOL パフォーマンス・シリーズ2017 Vol.6「高架線」
「転職生」(ウンゲツィーファ)
テアトロコント vol.15/ミズタニー

映像作品では今泉力哉監督の短編『夏風邪』(2013)に出演した。

日暮真央役 真魚(まお)

Picture

1991年生まれ、愛知県出身。
23歳のとき、
岩井俊二監督作品『スワロウテイル』(1996)に影響を受け、役者の道を志す。その後、テレビドラマ、映画などのスタンドインやエキストラを経験。
今泉力哉監督作『退屈な日にさようならを』(2017)がきっかけとなり、
シネマプロジェクトを知る。
「第一次審査で応募者全員と顔を見てオーディションします」
というアナウンスを読んで第7弾に応募し、
日暮真央役を獲得。
現在フリーとして、ジャンルを問わずに様々な映像作品への
出演を目指し意欲的に活動中。

日暮晴美役 しゅはまはるみ

Picture

1974年生まれ、東京都下北沢出身。
1992年ドラマ『徳川無頼帳』(テレビ東京)でデビュー。
その後、劇団東京乾電池に所属し
20周年記念公演「しとやかな獣」(1996)に出演。
主な出演作に
1997年
ドラマ『成田離婚』(フジテレビ)
CM 「TBC『ナオミに変身』」
2004年
舞台「葡萄と密会」(山内ケンジ)
2005年
「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」(KERA MAP)
WebCM dデリバリー「弁当母さん大爆走」配信中
『Movies-High18』(吉野竜平監督/2018年7月公開予定)
舞台「ペストと降霊術」(Ne’yanka/8月上演) がある。
今冬公開予定の田口啓太監督作品、準備中。



神谷和明役 長屋和彰

Picture

1987年生まれ、東京都出身。
2010年映画『大奥〈男女逆転〉』でデビュー
2011年には『FUKUSHIMA DAY』で主演を務めた。
おもな出演作に
『みなさん、さようなら』(2012)
『イニシエーション・ラブ』
『天空の蜂』
『バクマン。』(すべて2015)
2017年
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞短編の部
グランプリ受賞作『あるいは、とても小さな戦争の音』
が2018年11月に同映画祭で上映。
​何かしなければという焦りの中、
このオーディションに手を伸ばした自分を褒めてやりたい。
新しい仲間、何より上田慎一郎という人物との出会いは
私の世界を広げてくれた。
関わって頂いた全ての方々に数えきれない感謝を。

細田学役 細井学

Picture

1959年生まれ、東京都出身。
小劇場で長年舞台経験を積み、映像作品へと進出。
繊細かつ迫力のある演技とコミカルな部分が持ち味。
おもな出演作に
『神奈川芸術大学映像学科研究室』(2014/坂下雄一郎)
『花とアリス殺人事件』(2015/岩井俊二)
『リップヴァンウィンクルの花嫁』(2016/岩井俊二)
世界で11冠『アルビノの木』(2018/金子雅和監督)。
公開待機作に『あくまのきゅうさい』(三重野広帆監督)がある。
趣味はスカッシュとひなびた温泉巡り。

山ノ内洋役 市原洋

Picture

1986年生まれ、東京都出身。
2014年より役者としての活動をスタート。
株式会社andpictures企画
『SHORT TRIAL PROJECT 2016』
(川村清人監督『ダムドガールズキャバレークラブ』)
で映画初出演する。
同会社製作の短編オムニバス企画『龍vs虎』
(賀々贒三監督『にんげんにうまれてしまった』)が公開待機中。
おもな出演作に
舞台「しずる館premium live」
ネット配信番組『しずる館』
WebCM『未来写真 三井不動産レジデンシャル~みんなの住まい~』。

山越俊助役 山﨑俊太郎

Picture

1986年生まれ。
ENBUゼミナール映像俳優科2008年~2009年
(最優秀俳優賞。初めて人に認められる)
東京乾電池養成所2010年~2011年
(だめだった。落ち込む。自分は凄いのに誰もわかってくれないと殻に閉じこもる)
6年後、閉じこもっていることに飽きて、耐えられない。
自身、感情を解放するには演技しかないはずと感じる
2016年10月、感情解放のための演劇教室ENTRYACTに9ヶ月通う
(ガチガチの身体から、たくさん泣いて、ゆっくり自分を許していく)
2017年3月シネマプロジェクト参加
上田組へ(さらけ出した自分を受け入れてもらえる)。

古沢真一郎役 大沢真一郎

Picture

1977年生まれ、東京都出身。
明治大学文学部演劇学専攻卒。
在学中に舞台を経験し、
2002年「ロスト・バイ・デッド」(辻岡正人監督)で
準主演の真也役を演じスクリーンデビュー。
続いて主演を務めた
辻岡正人監督作『DIVIDE ディバイド』は
2006年トロントリールハート国際映画祭にて、
監督賞、 審査員特別大賞を受賞。
おもな出演作に
『@ベイビーメール』(2005/中村義洋監督)
『姫 一人の少女の物語』(2009/藤井道人監督 )
『惨劇館―ブラインド―』(2011/御茶漬海苔監督)
『ヲ乃ガワ―WONOGAWA―』(2014/山口ヒロキ監督)
『少女椿』(2016/TORICO監督)
『HiGH&LOW THE RED RAIN』(2017/山口雄大監督)
中島みゆきPV『荒野より』(2012)などがある。

​笹原芳子役 竹原芳子

Picture

1960年生まれ、大阪府出身。
短大卒業後、金融機関営業、裁判所勤務を経て、
カルチャースクールで落語を習ったことをきっかけに
表現の楽しさに目覚める。
2016年、間寛平が座長を務める劇団間座、
旗上げ公演「恋の虫」で蛾の役を演じる。
以降、2017年「発明王」(人型ロボットの役)、
2017年「クリスマスコメディ」(電気屋の店員)
と間座で舞台を重ねる。
2017年、K’sシネマで今泉力哉監督作品
『退屈な日々にさよなら』の舞台挨拶を見て感動し、
シネマプロジェクトのチラシを持ち帰り応募。
『カメラを止めるな!』が映像作品デビューとなる。
『8年と1泊2日』がK’sシネマにて7月公開予定。

吉野美紀役 吉田美紀

Picture

1982年生まれ、埼玉県川越市出身。
2015年ENBUゼミナール映画監督コースに入学。
失いかけた本来の自分や人の繋がりの面白さが蘇り、
周囲の勧めもあって卒業後は役者として
フリーで活動を開始。
2015年秋ENBUゼミナール主催
「ドロップ・シネマ・フェスティバルvol.26」で
『スタンドバイユー』(糸数正寛監督)に出演。
2016年春、同「ドロップ・シネマ・フェスティバルvol.27」で、
セルフドキュメンタリー『たどり着いたらいつも名残酒』
を企画・監督・出演、
『虫』(糸数正寛監督)にも出演する。
『カメラを止めるな!』は長編デビュー作となる。
2019年公開予定の我修院達也監督作が控えている。

​栗原綾奈役 合田純奈

Picture

1994年生まれ、大阪府出身、大学生。
映画のエンドロールに名前を載せたいという夢のもと、
映画の世界に飛び込む。
演技未経験にして、『カメラを止めるな !』に映画初出演する。
本作撮影時は大学生。
現在は会社員として働いている。今後の出演予定はなし。

松浦早希役 浅森咲希奈

Picture

​1995年生まれ、広島県出身。
「面白そう!」と地元で映画のオーディションに
参加し出演したことがきっかけになり、
15才からご当地アイドルとして活動をスタート。
2012年「INDIKET HIROSHIMA’12」でグランプリ受賞。
2015年、映画『プレイタイム/praytime』(平波亘監督)
で映画初出演する。
おもな作品に、
エリカ役を演じた舞台「広島ジャンゴ」
(2017・蓬莱竜太演出)がある。
現在、慶應義塾大学文学部在学中、駆け出しの新人。

​松本逢花役 秋山ゆずき

Picture

1993年4月14日生まれ、埼玉県出身。
愛称はゆずゆず。
将来の夢はシンデレラになる事。
中学の時にアイドル活動を開始、モデル、グラビアなどで活躍。
女優としては、2010年頃から舞台出演をはじめ、
現在も1〜2ヶ月に1本のハイペースで出演している。
上田監督の短編映画「恋する小説家」(2011年)の
女子高生・奈緒役にて映画作品デビュー。
上田監督とは短編映画「ナポリタン」(2015年)
に続き今作で3度目のタッグ。

受賞歴

  • 「ウディネ・ファーイースト映画祭 2018(イタリア)」《シルバーマルベリー(観客賞2位)》
  • 「ファンタスポア2018(ブラジル)」《インターナショナルコンペ部門・最優秀作品賞》
  • 「ハンブルグ日本映画祭 2018(ドイツ)」上映
  • 「ニッポンコネクション 2018(ドイツ)」NIPPON VISIONS部門・上映
  • 「さぬき映画祭2018(日本)」招待上映
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018(日本)」《ゆうばりファンタランド大賞(観客賞)》
  • 「ゆうばり叛逆映画祭2018(日本)」《特殊効果賞》《優秀作品賞》



最後に…

完全新人監督。
無名の俳優たち。
低コストの映画。

どうでしょう見てくださいこの受賞歴。
脚本。アイディアの勝利です。まさに鬼才現るといったところです。

この作品で上田監督が有名になるのではないでしょうか。

目の付け所がシャープな作品「カメラは止めるな!」

上映場所は少ないですが、見に行く価値はあると思います!
「カメラを止めるな」の画像検索結果

上映予定

国内
◆2018年7月1日(日)12:00〜:「熱海国際映画祭2018」上映。

海外
◆2018年6月下旬 :アメリカ・「New York Asian Film Festival (NYAFF)」 (6/29〜7/15開催)上映予定。
◆2018年6月下旬:チェコ・「カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭」(6/29〜7/7開催)本作は6/30、7/2、7/4、7/6 全て現地時間23:59より上映。
◆2018年7月:カナダ・ファンタジア国際映画祭「Fantasia International Film Festival」(7/12〜8/1開催)上映予定。
◆2018年7月:韓国・プチョン国際ファンタスティック映画祭 (7/12〜7/22開催)本作はWorld Fantastic Red部門にて上映予定。

引用:公式HP

通常上映はこちら↓↓↓↓

▼新宿K's cinema▼
▽上映期間:2018年6月23日〜終了未定
▽タイムテーブル:14:40/16:40/18:40 の1日3回上映。

▽実施イベント(決定しだい随時追加)
7/7(土)18:40回『絶叫ナイト』
(上映中の絶叫・歓声・ツッコミ大歓迎上映)

▼池袋シネマ・ロサ▼
▽上映期間:2018年6月23日〜終了未定
▽タイムテーブル:20:45からの1日1回上映。

引用:公式HP

2 Replies to “超異色映画「カメラを止めるな!」が超名作ゾンビ映画だった”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください