シャイア・ラブーフ最新作「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

どうも!アラハタです!

アラハタ一押し俳優”シャイア・ラブーフ”最新作

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

8月31日公開予定です!



ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男とは…

あらすじ

テニスブームに沸く 1980 年、
対極的な2人のスタープレイヤーの戦いに
世界中が熱狂していた。
5度目のタイトル獲得を目指す冷静沈着な美しきボルグと、
短気で荒々しい悪童マッケンロー。
トップを走る2人が極限の精神状態で挑んだ、
熱狂と興奮の試合。 
生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、感動の実話。

引用:Filmarks

伝説の試合の実話をもとにした映画です。
テニスの映画珍しいんじゃないでしょうか。

クールな男ボルグと悪童マッケンローの2人の戦い。
マスコミにも伝わらない想いがこの熱狂をうみました。

ボルグは、まるでハリウッドスターのような人気を誇るテニス選手がでした。
1976年に20歳の若さで、テニスの聖地ウィンブルドンで初優勝を果たし、その彫刻のように美しいヴィジュアルと神がかったプレイで、テニスに興味のなかった人々さえも虜にしました。
それからも快進撃は続き、ウィンブルドンで4連覇を達成し、コンピューターのように冷静沈着なその立ち居振る舞いから“氷の男”と呼ばれ、絶対王者として君臨していました。

そんなボルグの5連覇を阻止するべく現れたのが、類稀なる才能を持ちながら、納得のいかない判定に怒り狂って審判に野犬の如くかみつき、“悪童”とバッシングされたジョン・マッケンローです。
1980年、エレガントなプリンスとワイルドな野生児が、ウィンブルドン決勝戦でぶつかり合いました。
彼らが自らの人生のすべてを注ぎ込んだ3時間55分の名勝負と、そこに至るまでに少年時代から精神と肉体を極限にまで鍛えてきた驚愕の道のりの映画化となります。

シャイア・ラブーフ

シャイア・ラブーフのインタビュー動画です。
アラハタは完全にシャイア・ラブーフ贔屓なので彼の話を。

尊敬する父親に認められたいと思いながら、
感情をコントロールできないまま大人になってしまったマッケンローの怒りや切なさを体現したシャイア・ラブーフは自信の姿と重ねるようにこう語りました。

「マッケンローのすべてに親しみを感じる。理解できるんだよ」

「大騒ぎしている試合がたくさんあるけど、
 彼は完璧を強く求める男なんだ。
 そんな性格を背負って生きるのは簡単じゃないよ」

引用:映画ナタリー

また、シャイア・ラブーフはマッケンローを型破りな巨匠と語り

「とても独特で我が道を行く人。
 ただテニスをしているだけなら、
 ここまで長けることはないよ。
 完全に取り憑かれている芸術家のよう。
 マッケンローはアマデウスだ。
 モーツァルトだ」

引用:映画ナタリー

上記のようにマッケンローを讃えています。

共通点と言っていいのか悪いのかわかりませんが、
実はシャイア・ラブーフも悪童です(笑)

今まで起こしてきたトラブルは数知れず。
感情をあらわにしていることも多々あります。

シャイア・ラブーフは映画の世界だけでなく、実生活でも相当破天荒です。

関連:シャイア・ラブーフという人間の魅力に迫る!代表作3選!

マッケンローに自分との共通点を見た シャイア・ラブーフ

マッケンロー役は、シャイア・ラブーフに依頼された。
ラブーフは、マッケンローの人となりをこう分析する。
「彼は巨匠だよ。型破りで、我が道を行く人だ。
 目的を持って生きていて、他者とのコミュニケーションにも
 その目的を利用する。偉大な芸術家や音楽家と同じで、
 完全に取り憑かれている。まるでモーツァルトだね」
そんなラブーフがオファーを引き受けた一番の理由は、
メッツ監督と仕事をしたかったからだと振り返る。
「マッケンローには興味があったけれど、
 コメディスタイルの派手なキャラクター設定なら、
 上手くいかないだろうと思っていた。
 でも、監督にヤヌスの名前が挙がっていて、
 それなら大丈夫だと思った。
 ヤヌスのセンスやスタイルは知っている。
 脚本を読んで、ヤヌスが本気だとわかったから、即決したね」 
グドナソンとは違って、ラブーフはマッケンローに
多くの共通点を見出したと語る。
「マッケンローのすべてに親しみを感じる。
 理解できるんだ。彼は太陽に要求を突きつけた男だ。
 オレがちゃんとやろうっていうんだから、
 お前もそうしないと許さんぞ、みたいなね。
 大騒ぎをしている試合がたくさんあるけれど、
 彼は完璧を強く求める男なんだ。
 自分はもちろん、周りのみんなの完璧さもね。
 彼は理由もなく叫んだりすることはなかった。
 不当な扱いを受けたからだ。
 つまり、正義の叫びだ。
 マッケンローは理想を追求する男だ。
 そんな性格を背負って生きるのは、簡単じゃない」 
そのためラブーフは、
「叫び、怒り、激情にリアルに身を任せることが必要だった」
と振り返る。
「実在の人物になることは、
 ただのモノマネになってしまう可能性と隣り合わせだと
 自覚しながらね」

引用:公式HP(PRODUCTION NOTES)



最後に…

ただのテニス映画にあらず。
伝説の試合を通してのヒューマンドラマです。

なぜボルグが氷の男なのか、なぜマッケンローが悪童と呼ばれるのか。
その真意を深く深く追求できる作品になると思います。

全力で感情をあらわにするシャイア・ラブーフの演技は間違いなく必見です。
彼の喜怒哀楽の表現はほんとに多彩で。観る者を引き込みます。

2018年8月31日テニス界の伝説がスクリーンへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください