世界中で大ヒット「アクアマン」が日本上陸!

どうも!アラハタです!
いま世界中で大ヒットしている映画「アクアマン」が2019年2月8日に日本でも公開されます!

「ワイルド・スピード SKY MISSION」を手掛けた、ジェームズ・ワン監督が手掛けるDC作品の「アクアマン」

世にも珍しい海中バトルが話題となり1夜にしてとにかく超人気作となったアクアマンをご紹介します。

アクアマンとは…

日本版予告も登場しました。
「全ての魚を味方にする男」という何ともダサいキャッチコピーと共に映画界を震撼させているのがアクアマンです。

DCコミックスの作品が満を持して映画化したのが本作です。

アクアマンというキャラクター

アクアマンは70年以上にわたってアイコン的存在であり続けたのヒーローの一人。七つの海を支配する海底王国アトランティスの王子なのだ。お寿司にまつわるジョークのネタになったり、YouTubeにパロディがアップロードされたり、サタデー・ナイト・ライブのコントのネタにされたりするが、スーパーマンやワンダーウーマンなどのスーパーヒーローと匹敵するパワーの持ち主で、政治家などが海洋汚染の話をする時にアクアマンの話を持ち出し、若者に訴えかけたりするほど広く知られたキャラクター。

赤ん坊の頃にアトランティスから追放され、陸で育ったアーサー・カリーは自分を普通の人間と思い込んでいた。成人してからアトランティスへ戻り王座に就く。海を荒らす陸の人々と復讐を狙うアトランティスの人々の板挟みになるが、地球全体を守ることを本分とする。

海洋で圧倒的な力を誇るアクアマンは水中で息をすることもでき、超速で泳ぐこともでき、海洋生物とテレパシーも出来るだけでなく、怪力、超人的な感覚を持ち主で、皮膚も頑丈である。勇気があり判断力に優れ、アトランティスの王座にふさわしい人物であることを証明したが、陸の者でも海の者でもあるアクアマンは両者の絶え間ない衝突の狭間で苦しみ、安住の地がない。

引用:DCコミックスHP

実はアクアマンはこの作品で初めて実写化したわけではありません。
映画「ジャスティス・リーグ」というDCコミックス作品キャラクターが勢ぞろいする映画ですでに出てきています。
マーベルで言うアベンジャーズ、DCコミックスではジャスティス・リーグといったところです。

イントロダクション

人間として育てられた、海底国アトランティスの末裔。
シャチやサメをはじめ、海の生物すべてを味方につけ、意のままに操り戦う男―彼の名は、アクアマン。

故郷アトランティスが、人類を滅ぼさんと地上侵略を始めたとき、彼が守るのは、人類か、それとも海底か。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワン監督最新作

人類未体験の海中バトル・エンターテインメント

引用:公式HP

既に大ヒット

アクアマンは12月21日の全米公開に先駆けて、先週から公開されたイギリス、ブラジル、ロシア、メキシコなど42カ国で初登場1位を獲得しました。
世界中で大ヒットスタートを切ることに成功しています。
さらにひと足早い12月7日に公開した中国でも、オープニング興収9360万ドル(=105億7680円/1ドル=113円)を叩き出しました。
ケタ違いのモンスター級特大ヒットを記録しています。

12月15日には北米で、“Amazon プライム”会員限定で1週間早く観られる上映が行わました。
『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』も同じ取り組みをしましたが、それを大きく上回る290万ドル(=3億2,770万円/1ドル=113円)の興収を記録しています。
一夜にして映画『デッドプール 2』のPG-13版となる『ワンス・アポン・ア・デッドプール(原題)/ Once Upon a Deadpool』の週末3日間の成績を越え、土曜の夜だけの限定的な上映だったにも関わらず、今週末の全米成績トップ10に入る記録的な事態となっているのです。
『デッドプール2』や『ワンス・アポン・ア・デッドプール(原題)/ Once Upon a Deadpool』も名作なんですがね。
『アクアマン』大絶賛の声も続々と届いており、北米では前売りチケットの販売記録が次々と塗り替えられるなど、世界中で異例の盛り上がりを見せています。
ますます日本での公開が楽しみな1作です。

最後に…

アラハタ個人的にはマーベル・コミックスよりDCコミックスの方が好きだったりします。マーベル・コミックスの方が分かりやすくてすぐ映画化もするからこんなにも日本では知れ渡っているのかもしれません。

アクアマンを機にDCコミックスも知ってもらえればと思います。

2019年2月9日には公開と先が長いようで意外と短いです。
今から予備知識を入れて、映画「アクアマン」に備えるのもいいかもしれません。

多分間違いなく絶対面白いので期待が高まるばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください