Amazon Fireタブレットの4つのポイント

どうも!アラハタです!

今回はガジェットです。

もう超有名ですがAmazon Fireタブレットについて!

アラハタは中々のAmazonヘビーユーザーです。

というのも昔はAmazonに登録し、Huluで映画を見て、買い物は各種ネットショッピングで…

みたいに全くこだわりなく使っていたのですが、

やっぱり使っていると思うのはめんどくさい…

それにポイントとか月々の支払とか分散して大変…

っていう状態でした。

それをAmazonで一括して行うようにしたんですね。

これもAmazon様が色々なコンテンツに手を出してくれてるおかげでございます。

映画の品ぞろえが薄いから…とか音楽あんまり聴けないから…という方も多いとは思います。

それはまぁ否定はしません。というのもそこに強いこだわりがあるのであれば、別のとこも併用したらいいと思うんです。

アラハタはAmazonでまかなえた。

というだけの話なので!

さて本題です!

今回は、

Amazon Fireタブレット

についてですね。

どんどんポイントをご紹介しましょう!

1.コスパ

これはもうどこでも取り上げられてますが圧倒的コスパ。

本体価格が8,980円(Fire 7タブレット8GB)

さらにAmazonプライム会員ならそこから4000円OFFの3,980円!!

3,980円でタブレットが買える時代になりました!!

近年の高性能だけど高価格。

性能を追い求めるタブレットや携帯端末の流れと逆行して、できることだけをする。
なので価格は安く!

この手法すごくアラハタは好きです。

お財布にも優しいですし。

で、価格が安いということは気になるのはこちらですよね…

2.性能

価格が安いということは低スペックなんでしょ…?

それはですね。そうなんです。

スペックはここ最近のタブレットと比較してしまうと低いです。

使用してて動きがもっさりすることも多々あります。

まぁそもそもそういう用途じゃないような使い方してたりするからもあるからなんですけどね。

性能が低くてもですね。

基本、Amazonで行うようなことをする分には全く問題ないです。

例えば他のタブレットのようにゲームしたいだとか、アプリたくさん入れたいだとか、

そういう使い方をするとまた変わってきます。

何よりFireはOSがAmazon Fire OSというAndroidベースの独自のOSなのです。

なのでGoogleストアはありません。

別にFire OSようのストアがあるといった状況です。

WebでググればGoogleストアの入れ方も載ってますが、完全に非公式ですし。自己責任で…って感じですね。

あまりお勧めはしないです。

そもそもですよ。

タブレットという土俵は同じかもしれませんが、例えば〇〇万円するタブレットと比較。なんておかしいんですよ。

そこに比べたら劣っています。もちろんね。

ただ、例えば5万円のタブレットと3,980のタブレットを比較して12倍くらい性能に差があるかと言われれば、使用してては何不自由ないです。

アラハタはAmazon用に使っているからっていうのは大前提ですけどね!

Amazonのビデオや本を読むために使うなら全く問題ない性能です!

3.Amazonコンテンツ

では。Amazonコンテンツを利用するのに何が便利なのかという点を少し。

まずは映画ですね。

Amazonプライム会員でしたらプライムビデオが見れます。

私もよく出先でスマホで見てました。

そうするとですね。あっという間に通信制限が来るんですよ…

そんな経験してる人多いと思います。
(最近は20GBとかあるから中々制限来なくなりましたが…)

ではでは、それをAmazonタブレットでどう解消できるのか。

Amazon Fireタブレットは映画のダウンロードができます。

つまり、後で通信無しで見ることができるんです。

アラハタは良く、次の日の空き時間あることを見越して、前日の夜に自宅Wi-Fiでダウンロードしてみています。

これのおかげで通信制限とは無縁になりましたし。

電波の悪いところでも見れています!

非常に便利!というかこれだけで3,980円の価値がある…

次は本ですね!

Amazonはプライム会員だと1ヵ月に1冊無料で本が読めます!

しかし、Amazon系の端末を持っていないとその機能は利用できないんですよね…

それもFireタブレットを使えば利用できます!

アラハタは紙の書籍も好きなんですが、どうしてもかさばり邪魔になる。(片付け苦手です)

なので最近はもっぱら電子書籍!

場所をとらずに読めるし、何よりスマート(笑)

こちらもダウンロードして読むので、外で通信をしなくても読めるのは利点ですね!

これを期に電子書籍へ切り替え。なんてのもありかもしれませんね!
(たまには紙の書籍も読みたくなりますが。)

こちらも例えばですが1,000円の書籍を4ヵ月読めば4,000円です!

これで、実計算上も元が取れるのではないでしょうか!

Amazonコンテンツはタブレット系があると非常にパワーアップしますのでお勧めです!

4.悪いとこ

いいとこばかり紹介しても仕方ありません。

悪いところも紹介したいと思います。

ただ結構どうにかカバーできる話が多いです。

例えばデザイン。

周りの素材はプラスチック調です。

それだけでチープにも見えてしまう。

タブレットなんてスマートなはずの物なのにチープに見えるのは嫌だなぁと思ってました。

これはカバーやケースで簡単に対応できますね!

例えばこんなカバー。

Amazonタブレットだなってまるわかりですが、

チープさを武器にするのは斬新です!
アラハタは結構好きです(笑)

次にメモリですね。

性能が低いのでメモリが低いです。

たまーにずっと使ってると急にもっさりします。

そんな時は慌てずキャッシュをクリアで解決します。

あとは、普通のAndroidやiOSに慣れていると、FireOSは使いづらいと思います。

Amazon特化なので仕方ないのですが、最初は使いづらさがありました。慣れれば問題ないんですけどね。

容量に関しても1つ。

昔はSDカードに本のダウンロードデータとか入れれなかったんです。

なので、本をダウンロードするとメインの容量を圧迫する。というような状態でした。

しかし最近のはSDカードに書籍をダウンロードできるので、それにより容量不足も問題なくなりました。

と、悪いところもですね。日々改善しています。

どのタイミングで購入するかにもよって変わるとは思いますが、まぁ3,980円なので、

とりあえず買ってみる。

でもいいと思います!

プライム会員じゃない人は絶対プライム会員になった方がいいです。

年会費3,900円なんですが、会員になれば4,000円引きなので、値引きの方が上回っています。

1年で会員じゃなくていいやってなれば解約すればいいだけなので。

購入の際はプライム会員登録もお忘れなく。

まとめ

今回紹介したAmazon Fire タブレットはこういう人が買った方がいい!

こういう人はいらないよーっていうのがはっきりしている感じです。

例えば
・Amazonプライム会員
・映画をよく見る(出先でも見る)
・紙の書籍が邪魔
・使用目的がはっきりしている
こんな人には購入をおすすめします。

逆に、
・高性能のタブレットがほしい
・タブレットでいろんなことがしたい
・映画も本も興味なし
こういう人はいらないんじゃないかなと。

まぁそもそもこの記事をここまで読んでくれている人は結構Amazon Fire タブレットに興味がある人だと思うので、背中を押します。

後悔しても3,980円

まぁいっかって思えそうですよね。

では、最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください