ファンクバンド「Lettuce」のドラマー:アダム・ダイチ

どうも!アラハタです!

今回は前にご紹介しましたLettuceというファンクバンドのドラマー「アダム・ダイチ」についてです!

そもそもLettuceとは…?

アメリカで産まれたジャズ・ファンクバンドです。

名前の由来は野菜のレタスではなく、Let us!から来ています。

Lettuceについて詳しくは前に書いたこちらをぜひ見てください。

アメリカ発ファンクバンドLettuce(レタス)が最高

アダム・ダイチとは…

ダイチ?という名前で日系アメリカ人?
なんて思ってしましそうですが、れっきとしたネイティブです。

見たことない人の話をずらーっとされてもなかなか入ってこないと思います。
アダム・ダイチがどんなドラマーなのか

まずはこちらをご覧ください。

「Adam Deitch – D-DAY –
Drummers Meeting Meppel 2012」

アダム・ダイチ要素が大きく詰まった動画だと思います。

タッチが柔らかく、剛より柔といったような印象を受けますが、

タイトでシャープな音を出します。

いや、改めて聞いてもキレッキレですね。(笑)

こういうソロの動画だと手数はやはり増えますね。

アダム・ダイチはLettuceというバンドで叩いてる時はそこまで手数の多い印象はありません。

細かいことはたくさんやっているのでしょうが…

というのもファンクバンドってドラムが4分で大きくやってる隙間に16分のギターやベースが細かく入ったりする印象が強いです。

そこのグルーブを楽しむというか…

実際やってみるとそれめちゃくちゃ難しいんですけどね(笑)

こちらの動画も見てみてください。

「Adam Deitch Clinic @ PV」

アダム・ダイチのクリニックの映像です。

1950年から2012年までのビートの変化をやっています。

これ、めちゃくちゃ面白いです。

ちなみにアダム・ダイチのお父さんもドラマーです。

後半にはアダム・ダイチも出てきます。

まぁほぼほぼお父さんですが(笑)



LIVE情報

「アダム・ダイチ」の画像検索結果

こうなってくるとアダム・ダイチを生で見たい!って思えてきますよね。

素晴らしいドラマー。
いや、ドラマーに限らず素晴らしい演奏者に出会うと生で見たくなるのはしょうがないことだと思います。

アダム・ダイチの来日は…?

残念ながら現在は決まっておりません。

Lettuce実は、2017年3月にビルボードでLIVEしてるんです。
そして今現在は日本でのLIVEは決まっておりません。

悲しい限りです…

LIVEの情報をゲットしましたらすぐにお伝えしたいと思います!

むしろ皆さんも情報ゲットしたらすぐ教えていただけたら嬉しいです(笑)

最後に…

超絶凄腕ドラマーとしてご紹介しましたアダム・ダイチですが、

非常にイケメンです。

それにより増えるファンももちろんいると思います。

とっかかりはなんでもいいんです。

(顔が)かっこいいなぁ。何やってる人なんだろう。
ドラマーなのか。すごいかっこいい!

っていう風にはまっていただくのもありかと思います。

実際にアダム・ダイチに限らず顔から入るバンドファンはいますからね。
(俗にいうヴィジュアル系バンドの追っかけであるバンギャなんてもろにそうではないでしょうか。)

アラハタはそういうの邪道だ!ちゃんと音楽を聴け!とはならないです。

特にこうやって入口として色んな音楽や映画を紹介しているからかもしれませんが。

どんなとっかかりでもいいので、目について気になって好きになってもらえたら嬉しいです!

こちらもご覧ください!

アメリカ発ファンクバンドLettuce(レタス)が最高

伝説的メロコアバンドHi-STANDARDの3つのゲリラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください