2018年12月公開!ガガ様初主演「アリー/スター誕生」

どうも!アラハタです!

世界の歌姫であり、ファッションリーダー。
そしてお騒がせも多いレディー・ガガが映画初主演です。
2018年12月21日公開予定の「アリー/スター誕生」
はレディー・ガガ主演で、「アメリカン・スナイパー」等で俳優業をしていたブラッドリー・クーパーが監督を務めます。
往年のシンデレラ・ストーリーを描く本作。
日本版予告も入ってきました!



アリー/スター誕生とは…

「アリー/スター誕生」の画像検索結果

1937年に同名映画があります。
3度目のリメイク作でアメリカでの公開は2018年10月05日となります。

あらすじ

音楽業界での成功を夢見るアリーが、
国民的ミュージシャンのジャクソンに
その才能を見出され、
華やかなショービジネスの世界で
愛と挫折を経験しながら
やがてスターへの階段を駆け上がっていく物語。

引:Filmarks

製作

この映画ができるまでには実に紆余曲折ありました。

2011年1月にビヨンセを主演とし、「スタア誕生」とういうタイトルで監督はクリント・イーストウッドと交渉中と報じられていました。

ですが、ビヨンセの妊娠でプロジェクトは延期。
レオナルド・ディカプリオ、ウィル・スミス、クリスチャン・ベールとの出演交渉も失敗に終わり、トム・クルーズへも持ち掛けられました。

その後、ビヨンセが降板し、ジョニー・デップにも出演拒否され、ブラッドリー・クーパーへ話が行きました。

クリント・イーストウッドは主人公役に、エスペランサ・スポルディングを構想していましたがかなわず。

ついにワーナー・ブラザースはブラッドリー・クーパーへ監督デビューを交渉。その後、レディー・ガガの出演も報じられました。

と、とてつもなく有名な俳優、女優たちに奇しくもことごとくフラれてしまったり、1度はOK出したもののタイミング悪くかなわなかったりとした作品です。

ここまで紆余曲折ある作品も珍しいでしょう。

人気作のリメイク版ということで、ある程度安心した期待値はあるのですが、ワーナー・ブラザースの思い通りに進んでない感じは若干不安ですね。



レディー・ガガとアリー

「レディー・ガガ」の画像検索結果

レディー・ガガ

1986年3月28日産まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニョーヨークマンハッタン出身の音楽家です。

オーストラリア・シドニー名誉市民にもなっています。

マドンナを尊敬し、もちろん影響も強く受けていると自他ともに認めています。
楽曲は1980年代のポップと1990年代のユーロポップを思い出させるような…

そして何より奇抜な恰好や目を引く行動をして注目を集めることが多い女性です。

アリー

「アリー/スター誕生」の画像検索結果

歌手を夢見るウェイトレスのアリー
自身の才能がなく、容姿にコンプレックスを抱き、小さなバーでくすぶっていた女性。

しかし、その後才能を見出されてスターとして世界に名を馳せます。

共通点

レディー・ガガとアリーは似ている部分が多いです。
レディー・ガガも学生時代に容姿にコンプレックスがあり、ソングライターとして楽曲提供を続けながら生計を立てるためにクラブのダンサーとして働いた過去があったといいます。

音楽の道へ行くための下済み時代になるのかもしれませんが。レディー・ガガも最初から順風満帆だったわけではないでしょう。

そこが、キャラクターとシンクロして感情のこもった良い演技につながるのではないでしょうか。

ちなみに今作で主題歌「SHALLOW」をレディー・ガガが書き下ろしています。
予告編でも圧巻のパフォーマンスをしています。



最後に…

完成まで紆余曲折あった「アリー/スター誕生」ですが、
結果いい落としどころに行ったのではないでしょうか。

ブラッドリー・クーパーの監督業、レディー・ガガの女優業。
まさにそれこそスター誕生となるかもしれません。

ただ二人とも、歌、俳優業で数々の功績を残してきたもので、信頼度は高めです。

12月21日公開「アリー/スター誕生」楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください